ルーレットもスロットもアプリ無しでスマホで遊ぶ方法

オンラインカジノをプレイするのならパソコンを使用するのが一般的ですが、外出先などの空き時間にスマホでプレイしたいという人は多いと考えられます。

しかし、アプリを導入するのはセキュリティ的に抵抗がある場合もあり、またビデオスロットのようなゲームではなく、カジノの華ともいえるルーレットをスマホでプレイする場合など、どうしても選択肢は限られてしまいます。

そこで今回はアプリをダウンロードしなくても、スロットやルーレットといったオンラインカジノゲームを遊べる方法を紹介します。

大前提はスマホに対応しているオンラインカジノ

大前提はスマホに対応しているオンラインカジノ
スマホでオンラインカジノを楽しもうとした場合、大前提としてオンラインカジノのシステムがスマホに対応しているかによります。
これはスロット、ルーレットに限らず全てのオンラインカジノのゲームが同様で、おすすめなのはベラジョンカジノやカジ旅などが挙げられます。

システム周りがスマホに対応しているオンラインカジノであれば、アプリをインストールしなくてもスマホブラウザからパソコンと同じ環境でプレイすることが可能の為、まずはスマホに対応しているオンラインカジノを選ぶようにすることが肝心です。

アプリを配信している店舗は少ない
スマホでルーレットなどのオンラインカジノを遊ぶためには、スマホ対応の店舗をブラウザでプレイするかアプリをスマホにインストールするかのどちらかになります。
しかし、実際のところはスマホ対応の店舗数は一定量あるものの、専用のアプリを配信している店舗数はとても少ないというのが現状です。

また、リスクマネジメントの観点から見ても、単一店舗でプレイするよりかは複数店舗でプレイした方が良い場合も多く、その際に数の少ないアプリを導入するよりかは数の多いスマホ対応の店舗をブラウザでプレイする方が効率的ともいえます。

ほぼ全てのゲームを遊べる
環境がスマホに対応しているのなら、スマホブラウザだからといって基本的なゲームプレイに制限はありません。
これはスマホに適していると考えられるビデオスロットのみならず、カジノの華であり多くの攻略法も存在するルーレットにおいても同様です。

もちろん、パソコンと違いルーレットやライブカジノをプレイする際には画面の小ささなどによる見辛さなどがデメリットとして挙げられますが、プレイそのものへの影響はほぼないので安心して遊ぶことが出来ます。
なお、画面の小ささによる問題がどうしても気になる場合は、タブレット端末などを利用すると大きく改善されますのでおすすめです。

バッテリー消費と通信量には要注意
スマホ対応の環境であればオンラインカジノも手軽にどこでも楽しむことが可能ですが、スマホでプレイする場合にはバッテリー消費には十分に気を付ける必要があります。
バッテリーについてはオンラインカジノのゲーム全てに言えることですが、スマホでルーレットなどのライブカジノを楽しみたいという人の場合、通信量は非常に高くなるものと想定されます。

その為、スマホでの初回プレイ時に通信量を計測して管理するか、もしくはWi-Fi環境を上手に利用するなどの工夫が必要です。
せっかくスマホで手軽にオンラインカジノを楽しめても、肝心なところでバッテリー容量が無くなったり通信制限が掛かったりしては面白さも半減してしまいます。

疑似的なアプリ化

疑似的なアプリ化
スマホでオンラインカジノをプレイする場合、スマホ対応の店舗であれば対応したブラウザでプレイすることが可能ですが、毎回ブラウザを立ち上げてから操作するのは手間と考える人は少なくありません。

その点、専用アプリの場合はスマホのホーム画面にあるアイコンを選択すればすぐに起動するため利便性という意味では優れていると言え、スマホブラウザでプレイするにしてもホーム画面にアイコンを追加する方法を利用すれば疑似アプリとして運用できます。

具体的な手順は下記です。

1・スマホブラウザでオンラインカジノのページを表示する
2・ブラウザのメニューを開き「ホームに追加する」を選択する
3・以後はホーム画面のアイコンをタップすれば即アクセス可能

この方法はandroidやiPhoneといったプラットフォームの違いはあれど、どのブラウザにおいても共通する方法ですので利用しない手はありません。

複数サイトもフォルダにまとめれば管理も楽
前述の方法を使用すれば、ブラウザページもホーム画面に表示して運用することが可能ですが、複数のオンラインカジノを利用している場合、疑似アプリをフォルダにまとめて運用すると管理はとても楽になります。

また、フォルダに収納して管理すればロックや非表示も可能のため、第三者に知られたくない等といった場面においても非常に便利なため、アイコンを作ったあとは少なくてもフォルダにいれた管理をおすすめです。

スマホでいつでもどこでもオンラインカジノ

スマホでいつでもどこでもオンラインカジノ
スマホでオンラインカジノを楽しむ最大のメリットは、やはり手軽さとその利便性にあります。

隙間時間はもちろんの事、出先や仕事の昼休憩中などでも今回紹介した方法を使えばスマホでいつでもオンラインカジノを楽しむことだ出来るため、今までパソコンでしか遊んだことが無いという人は、是非ともこの機会にスマホでオンラインカジノを楽しんでみては如何でしょうか。

ベラジョンカジノのボーナスの特色

はじめに

通常、ランドカジノ等でゲームをプレイするには、キャッシュが必要になります。
一方、オンラインカジノのベラジョンカジノでは、キャッシュ以外にボーナスが使えます。

ボーナスは様々なタイミングで獲得できるもので、キャッシュと同様、勝利金を引き出すことが出来ます。
当記事ではベラジョンカジノのボーナスを紹介しながら、使用上の注意点なども解説します。

初回入金ボーナス

初回入金ボーナス
ベラジョンカジノでは登録後の初回入金に対して、3段階の入金ボーナスが用意されています。
最初の初回入金では入金額の100%が付与され、最大500ドルまで獲得可能です。
2回目の入金では入金額の50%が付与され、最大250ドルまで受け取れます。
そして、3回目の入金では再び100%となり、最大200ドルのボーナスが付与されます。

初回入金ボーナスが最も獲得可能金額が高いので、資金的に余裕があれば初回に500ドルを入金するのが良いと言えます。
そして各回で最大ボーナスを貰えば、その額は950ドルに及ぶわけです。

ベラジョンカジノでは、初回入金ボーナスに加えて、10日間のスピンクレジット5ドル分も獲得できます。
獲得条件としては、キャンペーン開催中24時間以内にログインするだけです。

さらにベラジョンカジノには、登録だけで無条件に付与されるウェルカムボーナスが用意されています。
その金額は10ドルで、初心者がお試しにゲームを楽しむのにちょうど良い額と言えます。

コインシステム

コインシステム
ベラジョンカジノではコインシステムが導入されており、何かにつけてコインが貰えます。
そのコインは専用ショップで使えるもので、ボーナス同様の特典となります。
コインは、スピンクレジットやフリースピンと交換できます。
スピンクレジットは特定のゲームで使えるボーナスで、該当ゲームで優先的に消費されるのが特徴です。
勝利金はボーナスとして反映され、一般ボーナスの規約が適用されます。

スピンクレジットがライブカジノ用であれば、ブラックジャックやバカラ、ルーレットなどのライブゲームに適用できます。
フリースピンは特定のスロットゲームで使える無料プレイで、指定回数分だけゲームを回せます。
専用ショップでは指定ゲームとプレイ回数がセットになっており、コインで購入できます。
勝利金はボーナスとして反映され、一般ボーナスの規約が適用されます。

バッジレベル

ベラジョンカジノでは、アカウントのレベルに応じてバッジレベルが付与されます。
全部で9つのレベルが用意されており、レベルによってショップで購入できるアイテムの種類が異なります。

例えばバッジレベルが15になれば、最大100ドルまでの100%ボーナスが購入できます。
これら何れのボーナスにおいても、勝利金は一般ボーナスの規約が適用され、出金条件は20倍となっています。
ベラジョンカジノの購入可能なボーナスで、最も利便性が高いのが「キャッシュ」です。

キャッシュの最大のメリットは、出金条件が1倍となっていることです。
指定ゲームの制限もないので、ボーナスの中では最強のアイテムと言えます。
キャッシュはバッジレベル10以上で購入可能で、バッジレベル30以上では1000ドル分を購入できます。

ボーナスの注意点

ボーナスの注意点
ベラジョンカジノでは、ボーナスの受け取りを拒否することも可能です。
プレイヤーの中には、ボーナスに課される出金条件を煩わしいと感じる人もいるからです。

20倍という出金条件は他のオンラインカジノに比べ、かなり緩いものとなっています。
それでも、プレイヤーによっては煩わしくなるものです。
初回入金ボーナスに関しては、アカウントへの入金時に受け取らない選択が可能です。
デフォルトではボーナス欄にチェックが入っているので、それを外すだけで済みます。
その他のボーナスに関しては、コインと交換しなければ付与されません。
フリースピンに関しても、使わない選択肢を選べば済むことです。

ベラジョンカジノでは、キャッシュとボーナスは別ウォレットで管理され、キャッシュから優先に消費されます。
それ故、キャッシュで獲得した賞金は出金条件が課されず、直ぐに引き出すことが可能です。
一方、ボーナスには有効期限が設定されており、原則として30日間しか使えません。
また、入金ボーナスが残ったまま出金すると、付与されたボーナスがゼロに戻ります。
それは、入金ボーナスがあくまで入金されたキャッシュに対して付与されるものだからです。

まとめ

ベラジョンカジノでは、ボーナスの出金条件は20倍となっています。
また、ゲームによってベット額の消化割合が異なっており、テーブルゲームなどは低めに設定されています。

一方、スロットはベット額の100%が消化されるので、直ぐに出金条件をクリアできるものです。
ベラジョンカジノのボーナスは、適切に使えば勝率アップに大きく貢献できるものです。
先ずは規約をよく読んで、注意事項を理解することが大事です。

しっかりしたオンラインカジノなのかチェックするポイント

オンラインカジノに限らず、ゲームやギャンブルにありがちなのがイカサマ疑惑です。
ゲームの確率などを操作すればいくらでも儲けることが可能と考え、オンラインカジノを詐欺などと呼ぶ人もいます。

しかし、実際にはオンラインカジノ側がイカサマをしようとすると、法律で裁かれ、運営自体ができなくなる可能性があります。
ライセンスを取得するなど各国の法律のもとで運営されているオンラインカジノは、仕組み的にイカサマができないのです。
オンラインカジノに提供されるゲームメーカーも不正を持ち込めないよう工夫しているため、詐欺とは無縁で遊べるようになっています。

オンラインカジノはイカサマに厳しい

ライセンスを取得したオンラインカジノはイカサマに厳しい
オンラインカジノのゲームはプログラムで動いているため、負け続けると確率も操作されているのではと思われがちです。

しかし、実際に確率を操作するとなると、法律上の問題が出てきます。
これはオンラインカジノが各国のライセンスを取得し、運営されているためです。
ライセンスの取得には運営の公平性や資金力、安定性などが求められます。
確率を自在に操作できる状態になれば、運営はいくらでも客から掛け金を搾取することができます。

しかし、それでは中長期でビジネスを続けることはできません。
運営会社の匙加減で勝ち負けが決まるようでは、正常な賭け事ができると言えなくなります。
そのため、運営がイカサマを持ち込めない、客も持ち込めないように対策を含め、公平に遊べる場を作れなければライセンスが取得できない仕組みになっているのです。
ライセンスを取得できなければ、オンラインカジノとしての国際的な信用性が失われます。
確率などの操作疑惑が常に付きまとい、合法性も疑われます。
より多くのお客を集め、儲けを出すためにはライセンスの取得は必須になっています。

国によってオンラインカジノのライセンスの基準は異なるものの、ライセンスを悪用してお金を稼げないよう厳しく制限されているのも特徴です。
詐欺やイカサマが気になる場合は様々な国の発行するライセンスを持ったオンラインカジノを選べば良いのです。

詐欺メールには注意

新規オープン詐欺や有名オンラインカジノを装う詐欺メールには注意
実際に国際的なライセンスを取得しているオンラインカジノで、様々なゲームを遊ぶ場合は詐欺にあう可能性はありません。
オンラインカジノにゲームを提供するゲーム会社も第三者機関のチェックを受けるなど、イカサマを防ぐための取り組みを行っています。
信頼性の高いオンラインカジノを選べば安全に遊ぶことができます。

しかし、オンラインカジノが詐欺と無縁なわけではありません。
特に注意が必要なのが、オンラインカジノの新規オープンに絡む詐欺です。
今登録すれば儲かる、宣伝すれば儲かるなどといった手法でお金を集め、結局オープンしないオンラインカジノも存在するからです。
ライセンスを取得する前から大々的な宣伝やキャンペーンを行っている場合はある程度警戒するのがおすすめになります。
ライセンスが実際に取得できない間は、不正を防ぐ仕組みなどもしっかり整っているかがわからないためです。

有名なオンラインカジノを装った詐欺メールなどにも注意が必要です。
大量のボーナスや高額当選などのメールが来ても、実際に参加したゲームなのか、登録したオンラインカジノなのかを考える必要があります。
紛らわしいメールアドレスにされている場合や、登録されている国とは違う国のアドレスから送られているメールは警戒する必要があります。
すでにある程度信頼があるライセンス取得済みのオンラインカジノで、正規のルートで登録し、遊ぶのが基本なのです。

公式ページでライセンスなどをチェック

不安な場合は公式ページでライセンスなどをチェック
オンラインカジノで遊ぶことが不安な場合は、公式ページでライセンスの情報やプライバシーポリシーをチェックするのがおすすめです。
これは法的な根拠を持って運営されているオンラインカジノほど情報を充実させ、ライセンスなどもオープンにする傾向があるためです。

日本語対応で少しでも安心してプレイできるように工夫しているオンラインカジノは珍しくなくなっていて、情報の充実度合いにもその姿勢が現れています。
信頼性が高いオンラインカジノの場合、日本語対応のレベルも高いのが特徴です。
日本語の質問メールが、日本語で返ってくるのは当たり前になります。
チャットで日本語の質問ができるオンラインカジノも増えていて、コミュニケーションのとりやすさも信頼に繋がる部分になってきます。

必要な情報を隠して利用者を増やそうとする行為は、不正な行為とみなされやすいのもポイントです。
法律上の観点から情報をオープンにし、透明性をアピールするオンラインカジノが多くなっているのです。
英語などの海外言語ができない場合は、まず日本語対応のオンラインカジノを選ぶなど工夫をするとより安心して遊べるようになります。

安心できるオンラインカジノ選びから

オンラインカジノは各国のライセンスを取得して運営されるのが一般的で、ライセンスを取得していないオンラインカジノはそれだけ信頼性が下がります。
詐欺やイカサマを避けたいのであれば、ライセンスを取得したオンラインカジノを遊べば心配が不要になるのです。
オンラインカジノ大手ほどライセンス情報や個人情報の取り扱いなど、セキュリティーに関わる情報は積極的に公開しています。
気になる場合はまず公式サイトを確認するのがおすすめです。

オンラインカジノは高ペイアウト率で稼げる

オンラインカジノは高ペイアウト率で稼げる
オンラインカジノは、勝てる、稼げる、と言ったことを聞くことがあります。
一見宣伝のような言葉のように聞こえますし、多くの方はそう感じるのではないでしょうか。
実は、ペイアウトというギャンブルの儲け安さを表す数値を見た場合、オンラインカジノは既存のギャンブルより高い数値を示しているのです。

つまり、オンラインカジノはペイアウトという視点で見れば、勝てる、稼げるギャンブルと言えます。
今回、このオンラインカジノのペイアウトから見た勝てる理由、稼げる理由についてお話しし、既存のギャンブルのペイアウトについても触れながらまとめました。

オンラインカジノのペイアウトとは?

冒頭からお話ししているペイアウト(還元率)、これは「ギャンブルなどの儲けの期待値」です。
例えばペイアウト率50%であれば、1万円ギャンブルに賭ければ、5,000円返ってくることが期待できます。

ただ、これはあくまで期待値であって、必ずしも1万円賭けて5,000円戻ってくるというわけではありません。
実際に1万円賭けて10万円戻ってくることもありますし、1万円賭けて一円も戻ってこないこともあります。
こういった差はあるものの、平均して期待できる金額を数値化したのがペイアウトになります。
オンラインカジノのペイアウトとは
ちなみにオンラインカジノのペイアウトは、90~100%を超える数字です。
ビデオポーカーであれば90%前後、ルーレットで90%前半、ブラックジャックやポーカーなどのカードゲームによっては100%を超えることがあります。

つまり、ペイアウトに注目したギャンブルの見方で行けば、勝てる、稼げるギャンブルがオンラインカジノなのです。
参考として平均的なペイアウトを紹介していきましょう。

大手のソフトウェア会社が提供しているメジャーなもののペイアウトは、ビデオスロットが93.30~96.10%、ルーレットが92.26~93.33%、ブラックジャックは99%前後です。
ちなみにブラックジャックは、ストラテジーと呼ばれる攻略法があります。

これは、プレイヤーの手札とディーラーの手札の組み合わせでどういった手を打てば賭けに勝てる可能性が高いかというものです。
これを元にブラックジャックをプレイすれば、時に100%を超えるペイアウトが期待でき、勝って儲けられるギャンブルになります。

実際のカジノではこういったストラテジーを頭の中に入れておかなければいけませんが、オンラインカジノはカンニングペーパーのように手元へ置いておけるので、気軽に攻略することができるのです。
そのため、非常に高いペイアウトが期待できます。

他のギャンブルのペイアウトは?

気になる他のギャンブルのペイアウトは、結論を言えばオンラインカジノよりもはるかに低く、勝てる、稼げるといった言葉からは程遠いものです。
まず宝くじは50%程度です。

当たらない、あるいは勝てない、何枚も買ったのに、戻ってきたお金は数百円という経験はないでしょうか。
宝くじは当たれば数百万円、時に数億円もの利益を生み出します。

しかし、安定して勝てるギャンブルではないということが、ペイアウトから分かるのではないでしょうか。
三競(競馬、競輪、競艇)、オートレースは70%程度です。

こちらも勝てそうで勝てませんが、平均すると稼げるギャンブルとして考えようとしても、かなり難しいものがあります。
パチンコやスロットはどうでしょうか、こちらはお見せによりますが70~80%程度と言われており、比較的高めです。

勝てる方は勝てるため、パチプロという人が存在しています。
このレベルになると、稼げるギャンブルとして考えられるようになってくるのです。
そういった流れでオンラインカジノを考えると、それ以上のペイアウトであり、より稼げるギャンブルとして見ることができます。

勝てるオンラインカジノの注意点

勝てるオンラインカジノの注意点
ペイアウトが驚異的な高さであり、きちんと攻略法を押さえれば100%を超えるペイアウトすら期待できるオンラインカジノ。
このオンラインカジノにも注意点があります。

それは出金をいかにスムーズに行うかということです。
オンラインカジノでは勝つことが他のギャンブルより容易といえます。
そのため利益を出金して儲けを手にすることも十分できるのです。

しかし、出金時に手数料をたくさん取られてしまったり、悪質なオンラインカジノでは出金できないなどのトラブルに遭うこともあります。
そういったトラブルに遭わないため、スムーズに出金できるようにするため、あらかじめ出金しやすいオンラインカジノかどうか調べておきましょう。

その上で高いペイアウトを生かしてオンラインカジノを楽しめば、きっと勝って、稼げるギャンブルとしてうまく活用できるのではないでしょうか。
ただ、あくまでギャンブルですから、ある程度負けが込んできたらいったんやめるなど、適度に楽しみながら稼ぐことをおすすめします。

90%をゆうに超えるペイアウトを誇るオンラインカジノ、勝つ喜びを味わいながら挑戦してみるというのも良いかも知れません。

オンラインカジノの運営とその仕組みについて

健全なエンターテイメントとして認知されている

健全なエンターテイメントとして認知されている
オンラインカジノの運営は、海外の大手企業が手掛けている例が殆どです。
オンラインカジノは世界的にメジャーなエンターテイメントであり、運営企業には自国でテレビコマーシャルを展開するケースもあります。

その他、人気スポーツチームのスポンサーになったり、国民からも広く認知されているものです。
運営企業自体に知名度や信頼性があるので、海外のユーザーも安心してプレイできるわけです。

しかも運営ライセンスは国から厳しくチェックされており、抜き打ちでの調査も実施されます。
そもそもライセンス取得の際には、企業の経歴から背後関係まで厳格な調査が行われています。
このように何重にもチェック体制が整っているからこそ、健全なエンターテイメントとして認知されているわけです。

政府発行のライセンスを取得

日本国内では賭博は禁止されており、競馬や競艇など公営ギャンブルしか許可されません。
パチンコは公営ギャンブルではありませんが、景品交換などの仕組みによって違法性が排除されています。

そして、日本で人気を広めているオンラインカジノも、同じく違法性が排除されていると言えます。
オンラインカジノの運営サイトはオンラインカジノが合法の国を拠点にしており、政府発行のライセンスを取得しているからです。
日本には、日本人が海外のカジノでプレイすることを禁止する法律はありません。

それゆえ、日本人がオンラインカジノを利用しても全く問題にならないわけです。
また、勝利金の支払いに関しても、運営サイトは海外入出金専用のペイメントを利用しています。
現金のやり取りが直接なされないことも、違法性を問われない理由の一つです。

第三者機関による定期的な監査

第三者機関による定期的な監査
オンラインカジノは、拠点を置く国のライセンスと取得し、厳しい審査の下に運営されています。
公式サイトには運営者情報が掲載されており、取得ライセンスの種類も公開されています。

また、殆どの運営サイトは第三者機関による監査を受けており、信頼性を担保する目安となっています。
第三者機関による監査は定期的に実施されており、カジノゲームの公平性と安全性が確保されているか調査されるわけです。
第三者監査機関として有名なのが、英国発祥の非営利組織(NPO)・イーコグラ(eCogra)です。

同NPOはオンラインゲームのやプロバイダーやソフトウェアの審査を実施しています。
その内容はRNG(乱数発生装置)やRTP(還元率)のチェックがメインです。
その他、イーコグラでは支払いやカスタマーサポートの品質、プライバシー保護に関しても審査を行っています。

プロバイダーの存在が欠かせない

オンラインカジノでゲームを楽しめるのは、プロバイダーと呼ばれるソフトウェア会社とライセンス契約を結んでいるからです。
すなわち運営サイト自体はゲームを作っておらず、プロバイダーが開発したゲームを導入しているわけです。
プロバイダーは様々なゲームを開発していますが、それぞれが得意とする分野があるものです。

例えばエボリューションゲーミングは、ライブカジノの代名詞にもなっているプロバイダーです。
そのゲームは世界中で絶大な人気を誇っており、質と量ともに業界ナンバーワンです。
エボリューションゲーミングはスウェーデンを本拠地に、世界中のオンラインカジノにゲームソフトを提供しています。
こうしたソフトウェア会社も厳しい審査を受けており、不正なプログラムが組み込まれないよう監視されています。

人気プロバイダーのソフトはステータス

オンラインカジノのプロバイダーには、エボリューションゲーミング以外にも色々存在します。
マイクロゲーミングは、業界最大手の老舗ソフトウェア会社です。

創業は1994年で、これまで数々の人気ゲームを生み出してきました。
同社が運営サイトと契約する際には、独自の基準を設定しています。
その基準をクリアできないサイトは、マイクロゲーミングのゲームソフトを導入できないわけです。
それだけ同社は、自社が提供するソフトに自信を持っている証拠です。

事実、同社のライセンス料は他のプロバイダーより高めに設定されており、マイクロゲーミングのソフトを備えているのが一つのステータスとなっています。
同社とライセンス契約を結んでいることは、オンラインカジノの資金力と信用性の証となるわけです。

プロバイダーごとの得意分野

プロバイダーごとの得意分野
オンラインカジノのゲームの中で、幅広い層に人気なのががビデオスロットです。
当ゲームのプロバイダーで高い評価を受けているのが、グラフィックの美しさに定評があるプレイテックです。
同社はジャックポット付きスロットも数多く開発しており、ハイローラーからも絶大なる支持を得ています。

プレイテックの創業は1999年で、運営会社はロンドン証券市場の上場会社でもあります。
プレイテックの開発力は凄まじく、最大手のマイクロゲーミングにも引けを取らない程です。

ネットエントは、フラッシュ形式のゲーム開発で定評のあるプロバイダーです。
運営会社はストックホルム証券市場に上場しており、信頼性でも高いものがあります。

また、会社自体がイーコグラの審査を受けています。
同社のゲームは操作性に優れており、初心者でもプレイしやすいのが特徴です。

基本を押さえれば悪質カジノはすぐにわかる

悪質なオンラインカジノを利用すると?

悪質なオンラインカジノを利用すると?

オンラインカジノは世界的な人気を誇るギャンブルですが、その人気に乗じて不正に資金を奪い取ろうとする悪質なオンラインカジノもあります。

もちろんそうした悪質なオンラインカジノは全体のほんの一部なのですが、過去には日本人をターゲットとした悪質なオンラインカジノも存在していました。

そんな悪質なオンラインカジノの一つがドリームカジノというオンラインカジノで、オンラインカジノの利用において初めて逮捕者が出たことで一躍有名になりました。

オンラインカジノは基本的に法に触れることなく安全に利用できるのですが、ドリームカジノで逮捕者が出たのは、ドリームカジノが合法運営していると見せかけて実は日本人が日本国内にて運営していたオンラインカジノだったからです。

オンラインカジノを安全に利用できるのは、海外にて合法運営されているからであって、日本国内で運営されていた場合はどんな形にしても確実に違法となり法律によって処されます。

その他、日本人をターゲットとしていたお台場カジノというオンラインカジノは、2009年リニューアルを機に連絡を取ることができなくなり、結果サイトは閉鎖されました。
多くのプレイヤーが払い出しをされず、そのまま夜逃げされた形になってしまいました。

また、世界では他にも、登録したクレジットカードの情報を流出されてしまったり、不正に操作できるソフトウェアを使われ絶対勝てないゲームを続けさせられたりと、悪質なオンラインカジノによる被害は現在においても続いています。

このようにオンラインカジノの中には悪質なオンラインカジノも少なくはない数存在しているので、オンラインカジノで遊ぶ際はなによりも安全なオンラインカジノを選ぶことが重要となります。

ライセンスを取得しているか?

ライセンスを取得しているか?

悪質なオンラインカジノを見分けるポイントとしてまず第一に注目して頂きたいのがライセンスを持っているかどうかです。
海外では、オンラインカジノは合法ギャンブルとして安全に利用することができます。

その合法ギャンブルの証となっているのが海外政府発行のライセンスです。
このライセンスがなければオンラインカジノは運営することができません。

合法運営しているオンラインカジノは必ずこのライセンスを取得しています。
ライセンスの取得情報はサイトのトップページにて公表されているので、気になるオンラインカジノを見つけた場合はまずこのライセンスの取得情報をチェックし、合法運営している安全なオンラインカジノかどうかを確認しましょう。

そして、第三者監査機関の認定を受けていれば、ラインセンスの取得情報のすぐ側に認定マークが掲載されています。
この認定マークもライセンスと共に確認できれば、まず間違いなく合法運営しているオンラインカジノですので、安心して利用することができます。

ソフトウェア会社をチェック

オンラインカジノはゲームのソフトウェアを、専門のソフトウェア会社にライセンス料を支払い提供してもらっています。
オンラインカジノ業界内で人気のゲームを作っている大手ソフトウェア会社ほど、ライセンス料が高額になるだけでなく、ソフトウェアを提供するオンラインカジノが安全なところかどうかを見極めるチェックが厳しくなります。

大手といえるソフトウェア会社は、悪質なオンラインカジノにソフトウェアを提供することは絶対にないので、ライセンスと同じくトップページに掲載されているソフトウェア情報の中に、マイクロゲーミングやネットエント、エボリューションゲーミング、プレインゴーといった大手ソフトウェア会社の名前があるかどうかを確認しましょう。

運営期間に注目

運営期間に注目

オンラインカジノの安全性を確認する上で、運営期間も物差しの一つとなります。
長く運営しているオンラインカジノはそれだけ安全性に優れ、多くのプレイヤーに支持されていると考えることができます。

悪質なオンラインカジノをはじめ、運営に力を入れていないオンラインカジノはプレイヤーも固定せず長く運営することはできません。
オンラインカジノ業界において、3年以上運営できていれば安全なオンラインカジノと判断できると言われているので、どれだけ条件が良くても悪質なオンラインカジノを避けたければ3年以上運営しているオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

そして、この運営期間に関してもトップページ上にて何年から運営開始されているかが掲載されていますので、時間をかけることなく運営期間を知ることができます。

サポートは機能しているか?

オンラインカジノには必ず不明な点を尋ねられるサポートが用意されています。
最近はメールとチャットの二つを用意するのが一般的となっていて、メール場合は24時間、チャットの場合は夕方から早朝付近にかけて利用することができます。

合法運営しているオンラインカジノはこのサポートに関しても力を入れていて、メールでもチャットでもわかりやすく納得のできる返事をもらうことができます。

悪質なオンラインカジノはサポートは形だけ作って放置している場合が多いので、アカウント開設前に一度サポートに連絡してみることをおすすめします。

サポートからそれほど時間を置かずに返事が返って来た場合は問題ありませんが、連絡がまったく返って来なかったり、あまりにも長い時間待たされたりする場合は、悪質なオンラインカジノの可能性がありますのでアカウントの開設は控えるようにしましょう。

覚えやすく頼みの綱にしやすい攻略法

覚えやすく頼みの綱にしやすい攻略法
マーチンゲール法は様々なベット術の「基礎」になっているほど確かなものです。
決して難しい手法ではない一方、確かな効果が見込める点や、イーブンベットとの相性の良さなどから広く親しまれているベット術で、オンラインカジノで活用しているプレイヤーもいるのではないでしょうか。

しかし、まだまだよく知らないという人もいるかと思いますので、マーチンゲール法について解説します。

マーチンゲール法の基本的な手法

マーチンゲール法の基本的な手法
マーチンゲール法はイーブンベット、いわゆる「勝率2分の1のゲーム」にて活用されるものです。

まずは普通にゲームを行うのですが、負けた際、次のゲームにて負けた際に賭けたベット額の倍を賭けます。
もしもまた負けたらさらに倍と賭け続けていくことで、勝利を手にした瞬間にそれまでの敗北を回収することができる手法です。

イーブンベットの場合、勝率が2分の1になりますので、「いずれ当たる」と考えて良いでしょう。
そのため、マーチンゲール法はいわば「負けないベット術」でもあります。

さらには決して難しい計算式ではありません。
自分のベットした額を覚えていればよいだけですので、初心者でも比較的簡単に使いこなすことができる手法です。
マーチンゲール法を覚えることによって、「イーブンベットでは負けない」という自身を手に入れることができると共に、他のベット術に対しての取っ掛かりになる点もメリットです。

他のベット術を覚えやすくなる

他のベット術を覚えやすくなる
マーチンゲール法は「確かな計算式」によって成り立っているベット術になります。
そのため、マーチンゲール法を元に改良が加えられているベット術もいくつか見られます。
つまり、マーチンゲール法を覚えることで、その他のベット術に対してもある程度理解が進むことでしょう。

全く一から新しいベット術を覚えるのではなく、マーチンゲール法を少し改良したものや、基本的な原理が同じベット術は多々ありますので、マーチンゲール法を覚えることでそれらへの理解も深まることでしょう。

いきなり他のベット術を覚えようと思っても、基本的な原理がよく分からないため、取っつきにくさを覚えてしまうかもしれません。
しかし、マーチンゲール法を覚えた後であれば、マーチンゲール法を理解しているために、理論を飲み込みやすくなることでしょう。

マーチンゲール法を駆使する際のポイント

マーチンゲール法はイーブンベットに於いて負けないための手法として、いわば「完成されたベット術」です。
覚えておくことで様々なメリットを享受できる一方で、気を付けておかなければならない点が二つあります。

まずは自分自身の軍資金です。
マーチンゲール法は負けた際、ベット額を増やしていく手法になります。
理屈としては決して難しくはありませんが、実際に軍資金を支払うのは自分自身です。
頭では分かっていても、負けばかりが続いて使える軍資金が底をついてしまった場合、敗北となってしまいます。

イーブンベットは勝率が2分の1ですので、負け続ける可能性の方が低いのですが、負けばかりが続く可能性も決して0ではありませんので、軍資金に関しては常に留意しておかなければならないでしょう。

また、負け続けるとベット額が増えていくというシステムですので、テーブルリミットのマックスベットの問題にも直面します。
負け続けたことで増えたベット額が、ゲーム毎に設定されているマックスベットを超えるようなことになると、マックスベット以上のベットはできませんので、計算式が微妙に狂うことになってしまいます。

いずれも「負け続けることで直面する問題」ですので、2分の1の勝率であるイーブンベットに於いては、可能性としてはとても低いのですが、少なからずこのような可能性がある点は覚えておくとよいでしょう。

マーチンゲール法を覚える更なるメリット

マーチンゲール法を覚えることで様々なメリットがあると紹介しましたが、精神的な面でもメリットが大きいです。

仮に、思うように勝利を掴めない時には「マーチンゲール法にしよう」と思えたり、あるいは「もしもの時にはマーチンゲール法で」といったように、いわば心の拠り所になります。
その為、まずは思う存分自分の好きなように楽しみ、展開次第でマーチンゲール法に切り替えれば良いと思えるようになるなど、オンラインカジノに臨むうえでの気持ちの面でも大きなメリットと考えることができるのではないでしょうか。

丸裸で臨むよりも、「いざとなればできることがある」と思えるものがあれば、ベット術等にも違いが出てくるのではないでしょうか。

まとめ

マーチンゲール法には様々なメリットがありますが、プレイヤーに安心感をもたらすという点も大きなメリットです。
イーブンベットのものであればどのタイプのギャンブルにも活用できる手法になりますので、覚えておくことで負けを防ぐこともできるでしょう。
このように、マーチンゲール法を覚えるメリットは多々あります。

満足がいく稼ぎを得るために必要となるもの

軍資金はどの程度まで用意すべきか

軍資金はどの程度まで用意すべきか

身もふたもない話ですが、オンラインカジノで遊ぶためには賭け金を用意しなければなりません。
オンラインカジノでは1ドルという小額からでもベットに参加することができるので、極端に大きな予算を揃えておくことはありません。
しかしながら、余裕を持って様々なゲームを楽しむということを考えれば、日本円にして10万円程度を用意すると良いでしょう。

オンラインカジノで賭けることが出来る資金に上限はありません。
貯金をそのまま使用しても構いませんし、クレジットカードを使って入金することもできます。
エコペイズなどのオンラインウォレットを利用すると、取引の度に手数料がかかりますから、一度の入金でなるべく多くの入金を済ませておくこともおすすめできます。
とは言え、のめり込み過ぎないように自制することも求められる世界ですから、オンラインカジノに慣れるまでは数十万円という単位のお金を使わないように注意するべきであると言えます。

入金の際に使用するクレジットカード

入金の際に使用するクレジットカード

オンラインカジノに入金するための手段として、できる限り持っておきたいのがクレジットカードです。
オンラインカジノによっては、クレジットカードから直接的に入金することもでき、このシステムを利用することによって、仲介時にかかる手数料を最も安く済ませることが可能です。

また、エコペイズなどを利用する場合においても、クレジットカードのショッピング枠を利用して入金することが基本的な流れですから、ショッピング枠に余裕を持たせたクレジットカードを用意しましょう。
クレジットカードを所有していない場合には、銀行間の送金によってオンラインウォレットに入金し、そこからオンラインカジノへと送金します。
こういった方法で送金を行う場合には、即時決済が行われないことが多く、入金がオンラインカジノに反映されるまでに最大で一週間程度の時間がかかることがありますから、早めに登録と入金の手続きを済ませることを心がけましょう。

オンラインカジノの中には、クレジットカードの代わりにデビットカードの利用を認めている会社も存在しています。
デビットカードは審査不要で発行することができるため、様々な理由でクレジットカードを発行することが出来ないという方でも、申し込み後すぐに所有することが可能です。
オンラインカジノの利便性を高めるためにも申請しておくと良いでしょう。

出金時に必要となる身分証明書

オンラインカジノに登録する際には特に必要ではない身分証明書ですが、出金する際には提出が求められることがあります。
これは成りすましを防ぐためにも非常に重要な手続きになりますから、オンラインカジノの運営側から求められた場合には速やかに提出することを心がけましょう。

身分証明書として使用できる書類は利用するオンラインカジノによっても異なりますが、パスポートや運転免許証、各種保険証、マイナンバーカードなどを身分証明書として利用できます。
これらの身分証明書に加えて、水道光熱費等の請求書や住民票などが住所を確認するための書類として提示が求められることもありますから、事前に利用規約を確認して必要な書類を揃えておいてください。

これらの書類は、オンラインカジノの運営会社に対して直接送付する必要はありません。
画像データとして送信したり、FAXを送信したりすればすぐに審査が行われ、認められ次第登録が完了になります。
これらの書類は大切な個人情報ですから、信頼して情報を預けられるオンラインカジノなのかどうかを調べた上で冷静に判断することも大切です。

オンラインカジノのプレイに適した端末

オンラインカジノのプレイに適した端末

オンラインカジノは、書いて字の如くインターネット通信を利用して楽しむサービスです。
そのため、インターネット接続環境に加えてパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末を用意しなければ楽しむことができません。
インターネットの通信速度としては、ADSL~光回線程度のスピードが出れば問題なく、快適に利用することができます。

現在のオンラインカジノは大容量のデータ通信を行うソフトを積極的に導入しています。
中には、実在するディーラーをリアルタイムで動画配信するというサービスもあり、パソコンそのものの性能が求められることもあります。
ゲーミングPCを用意するほどでもありませんが、普段使用しているパソコンの動作が目に見えて遅かったり、重くなりやすかったりするのであれば、容量の整理や買い替えをおすすめします。

スマホやタブレット端末からオンラインカジノをプレイするのであれば、アプリをダウンロードしてログインすることになりますから、十分な容量を開けておきましょう。
ギリギリの容量でインストールしてしまうと、ここぞというタイミングで起動できなくなる恐れがありますから、コンディションを整えた上でオンラインカジノを始めましょう。

ギャンブルと課税の可能性

オンラインカジノの税金は支払う必要がある

オンラインカジノの税金は支払う必要がある

オンラインカジノは海外の会社ですので、所得の存在などがわかりづらいように思われます。
しかし、所得などは最終的に銀行口座に入っている情報などによって計算されているため、オンラインカジノから多額の利益を得ている場合は税金の支払いが発生します。

税金を支払わなかった場合、将来的に税金の滞納をしていると判断されたり、所得隠しをしていると思われて追徴課税の対象となります。
税額が大きく変わってしまう場合もあるので、所得隠しなどの問題は絶対に起こさないように気を付けてください。

オンラインカジノの儲けは税金の対象となる

オンラインカジノは宝くじのように税金の控除対象ではないので、税金を支払う必要があります。
税金を取られないように別の口座に隠してもいずれ情報は漏れてしまうため、いずれ税金は徴収されてしまいます。
税金を滞納するようなことにならないように、オンラインカジノで得た利益分の税金は納めるようにしてください。
最終的に税金分の資金は用意しておけば、オンラインカジノで問題が起きる可能性はほぼなくなるのです。

オンラインカジノで遊んでいたユーザーが最後に問題となるのは税金関連の部分です。
税金を納める必要がないと勘違いして放置していた結果、最終的に支払う税金が雪だるま式になっている可能性があります。
税金は滞納していると延滞税・重加算税が追加されますので、急激に税額が増えている可能性もあるのです。
きちんと支払っていれば必要以上の税金を取られる問題はありませんので、税金は支払うようにしてください。

ギャンブルで得られた儲けは税金として納めるように常に言われていますし、ギャンブル関連の事業者も税金を支払うようにお願いしています。
それだけ税金というのはギャンブルでは切っても切り離せないものなのです。
しっかりと税金について調べておくように心がけるほか、問題が起こらないように常に税金の支払いをしたか考慮しておくといいでしょう。

安心してオンラインカジノで遊ぶためにも、まずはオンラインカジノで得た金額は税金で納めるようにしましょう。

税金額の高騰については留意しておくこと

税金額の高騰については留意しておくこと

基本的にオンラインカジノで儲けた額が数万円程度の場合、税金の対象にならないので何もしなくて結構です。
一方で20万円以上の稼ぎが得られているのであれば、副業でも税金の支払い対象となりますので、確定申告によってしっかりと支払わなければなりません。
つまり大きな金額を得ている場合には速やかに税金を支払う準備をしてください。
最終的に確定申告でしっかりお金を支払えるようにするためにも、稼いだ金額をしっかり確認しておくのです。

税金額はオンラインカジノの利益によって変わります。
逆に言えばオンラインカジノで稼ぎが得られていなければ税金の心配はありません。
損失だけが計上されていた場合は税金を考える必要はないのです。

しかし高額な利益を得られていた場合は、その利益に対してしっかりと税金を払わなければなりません。
オンラインカジノで多額の利益を得ていた場合、税金だけで数十万円の金額が加算される場合もあるのです。
中には100万円以上の配当を得られているユーザーもいますが、100万円以上になると税金額もかなり多くなってしまいます。
更にジャックポットのように、巨額の配当を得ている場合は税金として取られる金額もかなり増えてしまいます。

高額な課税額が計上される場合もありますので、受け取った利益を使い切るようなことはしないように注意しましょう。
安心して税金として納めるように、利益を残すように対処しておきましょう。

オンラインカジノ側は税の広報をすることはない

オンラインカジノ側は税の広報をすることはない

オンラインカジノ側は、税の部分にはタッチしていない為何も連絡してこない場合があります。
また、日本に税金問題について理解していない場合が多く、税金の処理などを自分でしなければどうにもならない場合があります。
オンラインカジノの税金についてしっかり考えておくほか、自分で行動しなければ何もできない場合があると考えてください。
特に税金を取られるかどうかギリギリの金額だと、よりオンラインカジノに頼らずに税金処理をしなければなりません。

オンラインカジノとしても、かなり大きな配当であれば何らかの行動をとる場合があります。
しかしあまり高額な配当を得ているユーザーについては、税金を支払うべきなのかよくわからないため、行動してこない場合があるのです。
従って支払い額によって、オンラインカジノの連絡を受けられない場合があり、何も理解できないまま税金の処理をしている場合もあるのです。

税金を支払っていない人は当然ですが大きな処分が待っています。
オンラインカジノが何も行動してこないような状況だったとしても、将来的に税金を取られる可能性があることはしっかり理解しておきましょう。
同時に税金額がある程度わかるようなら、支払う税金の分だけでもお金を残しておきましょう。

手数料を抑える為に選ぶべき出金手段

ヴィーナスポイントについて

ヴィーナスポイントについて

オンラインカジノでは気軽に遊べるように色々な決済サービスを用意しています。
しかし、オンラインカジノでの入出金は入金は楽でも出金に苦労したり、高い手数料を取られたり、着金に時間がかかったりと利用にあたり不便を感じる点も少なくはありません。
オンラインカジノのサービスが優れているだけに、こうした入出金に不便を感じるというのはとても惜しいことです。

それではオンラインカジノの決済サービスは、どれもデメリットを持っているのかというとそうではありません。
オンラインカジノの決済サービスの中には不便を感じることのない使いやすい決済サービスもあります。
その使いやすい決済サービスとして人気を集めているのがヴィーナスポイントです。

オンラインカジノの決済サービスといえば、入金にも出金にも利用できるのが一般的ですが、ヴィーナスポイントはヴィーナスポイント側へ直接入金することができません。
入金のできない決済サービスというと使い勝手が悪そうに思われますが、ヴィーナスポイントにはその他の決済サービスにはない独自の魅力が多くあります。

また、最近はオンラインカジノへの入金はクレジットカードから直接行えるので、ヴィーナスポイントに直接入金することができなくても、とりわけ大きな問題となることはないでしょう。

ヴィーナスポイントはポイント制による資金管理

ヴィーナスポイントはオンラインカジノからの出金に多く使われるのですが、その出金された資金はヴィーナスポイントにて1ドル1ポイントとして保管されます。
この一度出金しポイント化されると、そのポイントを使ってオンラインカジノへ入金することが可能となります。
しかもその入金の際には100ポイントごとに0.5ポイントのキャッシュバックを受け取ることができます。

決済サービスでキャッシュバックが付くのはヴィーナスポイントの他にありません。
ヴィーナスポイントは、こうしたポイントカード的な機能も備えていて、利用すればするほど現金化が可能なポイントをお得に貯められます。

また、ヴィーナスポイントは手数料が安いことでも知られています。
オンラインカジノからの出金、オンラインカジノへの入金はどちらも手数料が無料で利用でき、ヴィーナスポイントから銀行口座への出金は900ポイントにつき1.8ポイントの手数料しかかかりません。
1ドル110円のレートで計算しても約10万円以下なら200円程度の手数料で出金することができます。
この銀行口座への手数料の安さは他の決済サービスと比較しても格段の安さとなっています。

多くの決済サービスは1500円以上の出金手数料がかかるので、オンラインカジノで遊ぶ度に決済サービスから出金していては、その手数料により資金を減らしてしまいかねません。
そのため、多くのオンラインカジノプレイヤーはできるだけ出金の回数を少なくしたりと、手数料の節約を心懸けています。
ヴィーナスポイントを使えば、そうした出金の手数料を気にする必要もなくなるので、自分のペースで出金をし資金管理を行うことができます。

ヴィーナスポイントへの登録

ヴィーナスポイントへの登録

ヴィーナスポイントは完全日本語対応となっているので、登録画面もすべて日本語表示となっています。

ヴィーナスポイントに登録するにはヴィーナスポイントサイトから行います。
新規登録するを選択し、メールアドレスの入力、入力したメールアドレスへの送信を行います。
すぐに入力したメールアドレスにメールが届くので、そのメール内の申し込みから本登録を行います。
住所氏名等の個人情報を入力するだけで本登録は終了します。

その後またメールが届きますので、その本登録完了のメールをもってヴィーナスポイントを利用できるようになります。

オンラインカジノからヴィーナスポイントへの出金

オンラインカジノからヴィーナスポイントへの出金は、オンラインカジノの出金のメニューからヴィーナスポイントを選択するだけです。
出金が完了すると、自動的に1ドル1ポイントに換算されヴィーナスポイントに資金が移動されます。

ヴィーナスポイントから銀行口座への出金

ヴィーナスポイントから銀行口座への出金

ヴィーナスポイントから銀行口座への出金は、ヴィーナスポイントの換金というメニューから行います。

まず口座の事前登録を行い、自身の持つ銀行口座情報を入力します。
銀行口座へ出金した金額はポイントにて入力します。
これだけの作業で早ければ当日中、遅くても翌営業日には手数料の1.8ポイントを差し引いた出金額が銀行口座へ入金されます。

この銀行口座への出金手数料の安さと着金の早さは、国内銀行振込にて振り込まれるからです。
ヴィーナスポイントの出金は国内の代理業者により行われるので、手数料を安く抑え、かつスピーディーな振込が可能となっています。
そして、決済サービスからの出金に関して心配される1日あたりの出金限度額ですが、ヴィーナスポイントは20000ポイントと他の決済サービスよりもかなり高くなっています。
為替レート110円で計算すると1日あたり210万円出金できることになりますので、大きな勝負を繰り返すハイローラーにも適したサービスです。

上限である20000ポイントを引き出した場合でも手数料は4400円程度しかかかりませんので、やはりこの手数料の安さはヴィーナスポイントの優れた面であると言えるでしょう。