常に変革し続ける入出金サービス

エコペイズの高速ローカル出金に使えるか

エコカードが利用停止になってから、エコペイズは日本でかなり使いづらいサービスとなりました。
その理由は出金にかかる時間が長く、手数料もかなり取られてしまうからです。
こうした問題を抱えている以上、エコペイズは他社に切り替えられる可能性も十分にありました。

そこでエコペイズは銀行の出勤時間を短くするため、高速ローカル出金という方法を採用しました。
この方法を利用すると、日本の銀行へすぐに出金できるメリットを得られるため、短時間でオンラインカジノの利益を出せる可能性があります。

エコペイズが採用した高速ローカル出金とは

エコペイズは2018年にエコカードを利用停止にしたため、オンラインカジノの出金サービスとしても使いづらい状況に陥っていました。
日本のユーザーからあまり使えないのではないかと思われてしまい、新しいサービスへの模索もどんどん検討されていったのです。
そうした問題を受けて、エコペイズは新しいサービスを開発しました。
それが高速ローカル出金です。

高速ローカル出金は、通常4営業日程度かかっていた出金を1営業日程度で行うというものです。
対応しているのはエコアカウントの日本円アカウントであり、事実上日本用に開発されたサービスとなります。
出金できるのも日本円だけで、海外の通貨で出金させる方法は用意されていません。
つまり高速ローカル出金というのは、日本向けに開発された日本人用のサービスなのです。
オンラインカジノで問題を起こした以上、何らかの補填が必要と考えて作られたサービスと言えるでしょう。

高速ローカル出金を利用すると、エコペイズの出金にかかる時間は大幅に短くなります。
同時に出金させられる銀行の範囲も広がります。
ネットバンキングを中心に、多くの銀行に対応しているメリットがあり、エコペイズの出金が非常に楽になります。
もちろんオンラインカジノに残されているお金をエコペイズに出して、高速ローカル出金で出す方法も使えます。
短時間でお金を出したいと思っている方には非常に優れているサービスです。

高速ローカル出金の弱点は手数料が異常に高い

高速ローカル出金により、多くのユーザーがオンラインカジノから日本の銀行口座に出金できるようになりました。
これによってかなり出金しやすい環境が整備されたのはいいですが、問題は手数料です。

実は高速ローカル出金には手数料が高いという弱点を抱えており、手数料の金額が下がらない限りかなり使いづらいサービスでもあります。
手数料は今後変更される場合もありますが、現状はかなり高いと考えてください。

現在適用されている高速ローカル出金の手数料は1948円、もしくは出金する金額の1%です。
適用される手数料は1948円を超えていた場合は1%で済みますが、1948円を超えなかった場合は1948円が適用されます。
1%の手数料を設定するためには約19万5000円の出金が必要で、非常に高額なお金を出さない限り多くの手数料を取られてしまうのです。
従って多くの方が1948円の手数料を適用されてしまうのです。

この手数料は非常に高いと考えていいでしょう。
日本の銀行というのは数百円程度の手数料で送金できますし、海外の銀行でもここまで手数料を取られる傾向はありません。
エコペイズの手数料は非常に高く、日本人の足元を見ているような手数料を適用しているのです。
まだ始まったサービスでもあり、利用するユーザーが多いのかわからないので高めに手数料を設定しているのかもしれませんが、かなり高い手数料に悩まされるのは間違いありません。

高速ローカル出金は短時間で出せるメリットが大きい

手数料のデメリットはあるものの、日本の銀行口座に対して出金できるというメリットがエコペイズに生まれたのはいいところでしょう。
海外送金でしかお金を出せないという時代から、これからは出金サービスで簡単に日本の銀行口座にお金を出せます。
オンラインカジノで多くの利益を得ている状態でも、オンラインカジノの利益をエコペイズから日本円の銀行口座に持っていけるというのはかなりいいところでしょう。

ただ、高速ローカル出金は24時間に1回しか使えないサービスで、何度も使える方法ではありません。
処理に若干時間がかかるため、1日にできる回数が1回に制限されているのです。
しかし、オンラインカジノの利益を出したいと考えるなら、そもそも1回しか使わないことが多く、あまり気にする必要はないでしょう。
オンラインカジノから自分の口座にお金を出したいと思っている人にとって、とても使いやすい方法なのは間違いありません。

エコペイズに対して悪いイメージが多くなっている中、エコペイズ自体が何とかしたいと考えているのは事実です。
そしてエコペイズが考え出した方法は、他のサービスが提供していない日本の銀行口座への出金でした。
しかも短時間で出せるというメリットが非常にいいところで、すぐにお金を手元に持っていける良さを得られます。