オンラインカジノのスロットマシンは本当に公平なの?

オンラインカジノを調べるとネガティブな意見もあり心配になる人もいるかもしれません。
また、オンラインという状態なのでもしかしたら裏で何か仕掛けやイカサマがあるかもしれない。
これも考えるのが普通だと思います。

では、実際にオンラインカジノはどのようになっているのか?になります。

チェックすべきは政府の承認マーク

チェックすべきは政府の承認マーク
オンラインカジノはラスベガスなどの土地ではなくインターネットの中にあります。
ラスベガスなどのカジノはアメリカの承認を持っているので、ランダムであることや細工などが出来ないという保証があります。
この同様の保証を一部のオンラインカジノは所持しています。

例としてベラジョンカジノやカジ旅などはマルタ政府の承認を得ています。
マルタ政府のライセンスは非常に厳しく、オンラインカジノでもマルタ政府の承認は安全度の一つの目安になるほどです。
安全度の高いオンラインカジノは規約やトップページのカジノの紹介の部分に「政府承認」のライセンスをきちんと明示しているのでこの部分をチェックするのもお勧めになります。

第三者機関の保証

スロットはランダム性のあるギャンブルです。
ランダムであるからこそ、プレイする人全てが平等に大当たりを引く権利が生まれます。
このランダム性を保証するものとしてオーストラリアなどの機関が入っての「第三者によるランダム性の保証」などもあり、日本国内でプレイできるオンラインカジノの大手などはこの保証も明示しています。

先の政府承認とあわせて二つがあればより安全にスロットがプレイできると考えても良いでしょう。

選ぶときには大手のオンラインカジノを選ぶ

選ぶときには大手のオンラインカジノを選ぶ
オンラインカジノは様々なものがあり、中には本当に大きなあたりを提示しているオンラインカジノもあります。
ですがここでチェックしておきたいのは「大手のオンラインカジノ」になります。

大手のオンラインカジノは大手と言われるまでに積み重ねてきた実績もあり、コレを壊すようなことはしません。
オンラインカジノだけがもうかるシステムではなく、ユーザーの誰もが大当たりを引ける環境を作ってきたからこそ人気を得てきたと考えても問題は無いと言えます。

大手のオンラインカジノは承認をしっかりと得ているものがほとんどなので、オンラインでのスロットを楽しむならばまず大手のオンラインカジノをいくつかプレイしてみることが基本になってきます。

換金率はどれくらい?

オンラインカジノでもスロットは人気のゲームであり、高い換金率をもっています。
96~98%の換金率とも言われており、オンラインカジノによってはスロットの一週間の平均換金率をチェックできることもあります。
この換金率はスロットを使用したデータからの抽出になるので「どのスロットが換金しやすい」「できるだけ換金できるスロットをチェックしたい」などの場合にも便利なシステムになります。

一攫千金ならばジャックポット

一攫千金ならばジャックポット
日本のスロットにないのがジャックポットになり、当たりの条件に達していない場合にはそれまでのベットが次の当たりを引ける人までに持ちこされるシステムです。
自分がその条件にみたない場合にはジャックポットに吸収されますが、当たりを引いた場合にはそれまでの全員分のベットを入手できることからオンラインカジノで高い人気を持っています。

ジャックポット以外にもオンラインカジノではベットの仕方で最大1000倍以上のかけ率にしてあたりを引きやすくする全ベットなどもあり、クラシックスロットの大当たりを出しやすいようになっているのも嬉しい部分になります。

最初に試したいのはクラシックスロット

ジャックポットのあるスロットは揃える盤面が多いことが特徴ですが、クラシックスロットは日本のスロットとおなじ3つの盤面を揃えていくことが基本になります。
最大9の盤面になりますが、ジャックポットを狙うよりも確実な部分も高く人気に繋がっています。

特にオンラインカジノやオンラインスロットが初めての場合にはいきなり大きな勝負に出るよりもまずは慣れ親しんだクラシックスロットでカジノの雰囲気や流れ、出金などがどのような条件で発生して達成できるのかを確認することがお勧めになります。

プレイするうちにどのスロットが自分に向いているのかなどの傾向も分かることから日本人ユーザーの多くがクラシックスロットでのあたりをつかんでいます。
最近では日本のスロットメーカーなどもオンラインカジノに参入しており、絵柄などはアレンジされていても内容は普段触っているスロットと同じというもの多く、日本人ユーザーがスロットを好むことなどもシステムに反映されているともいいます。

クラシックスロットでもフリースピンなどを使うことでジャックポット同様に大当たりを作ることは可能なので、どちらが自分に合っているのかをプレイして決めていくのも楽しみになってきます。

改めて知りたいネットカジノとはどんなものか

ネットカジノという言葉が徐々に浸透しています。
ネットの広告でも時々ネットカジノの広告を目にしたり、実際のメディアでも無料版のベラジョンカジノのCMを耳にしたりします。
このように普及の兆しを見せるネットカジノとはどのようなものなのでしょうか。
今回はネットカジノの仕組みと認証制度、そして実際のカジノと何が違うのかといったテーマを紹介していきます。
これを読めばネットカジノとはどのようなものかわかるはずです。

そもそもネットカジノとは何なのか

そもそもネットカジノとは何なのか
ネットカジノとは一言で言えば、ネット上でカジノのゲームがプレイできるサービスです。
ここまでは、一般的なWebアプリのゲームを連想するかもしれません。

しかし、ネットカジノは実際のお金などを賭けて、勝てばその儲けを引き出せるのが特徴です。
そう聞くと違法カジノを連想します。

しかし、海外のサービスを利用して海外から儲けを送金するという流れなので、旅行先の海外のカジノを利用するのと変わりません。
そのため、違法とは言い切れないカジノサービスとなっており、日本からも気軽に利用できる体制になっています。
実際に日本語対応のサービスが受けられ、わからないことがあっても日本語が分かるスタッフがチャットやメールなどで対応します。
海外のサービスではありますが、言語の壁やシステムの面で不便な思いをすることがありません。

ネットカジノを健全に運用するための認証制度

ネットカジノを健全に運用するための認証制度
ネットカジノという響きから怪しさを感じる方もしれません。
しかし、海外の政府のライセンス制度やいかさま防止のためにゲームプロバイダといわれるカジノゲームメーカーの団体が認証制度を設けています。
これらの認証制度によってネットカジノは、健全に運用されるように配慮されています。

まず政府のライセンス制度は、運営会社が違法な企業でないかを確認し、財務状況や運営計画などをチェックして認証する制度です。
加えて、国によってそれ以上の確認を行なったり、定期的にライセンスの更新制度を設けて、その都度審査する体制を取ったりします。
現在ほとんどのネットカジノは、いずれの国かの認証を受けてライセンスを持っている状況です。
そのため、よほど怪しいネットカジノでなければ公認のギャンブルを楽しめる環境にあります。
このライセンスについては、各ネットカジノの公式サイト上にきちんと表記されているので、もしプレイする場合は必ず確認しましょう。

運営体制は、健全でも技術的な面に関しては政府のライセンス審査が及ばない場合があります。
そういった技術面を補うのが第三者機関と呼ばれる組織です。
主にオンラインカジノのゲームを供給するゲームプロバイダなどが集まって技術的な面で不正が行われていないかをチェックします。

このように制度面と技術面の両面でネットカジノの認証を行って、ネットカジノのいかさまが行われていないかを監視しています。
ネットカジノも日本で行われる様々なギャンブル同様に各方面からチェックを受けながら健全に運営しているのが特徴です。

実際のカジノとネットカジノとの違いとは

実際のカジノとネットカジノとの違いとは
ネットカジノとはどんなものか知るために実際のカジノとの違いを知っておくことはとても重要です。
実際のカジノの違いとして挙げられるのがゲームの内容、日本語対応、いつでもどこでもプレイできると言った点が大きな違いです。

ゲームの内容はネットカジノが圧倒的に多いのが特徴です。
実際のカジノにある、ルーレット、バカラやブラックジャックなどのカードゲーム、そしてスロットは当然ネットカジノにあります。
加えて、ネットカジノではゲームのようなソフトウェア形式のスロットを中心にネットカジノ独自のゲームがそろっています。

先ほど触れたとおり日本語対応もネットカジノは充実しています。
実際のカジノでは、注意書き以外の日本語はほとんどないのですが、ネットカジノではサポートやゲーム画面がすべて日本語です。
そのため、言語で不自由することはほとんどありません。

ネットカジノの最大の特徴はいつでもどこでもできるということです。
スマートフォンにも対応しているネットカジノがほとんどなので、外出先や自宅でも本格的なカジノゲームが遊べます。
更に実際のお金をベットして、仕事の昼休みにプレイすることも可能です。
さらに休日の深夜や早朝といった実際のカジノが営業時間外と思われるような時間でも24時間365日いつでもプレイできます。
このような気軽さもネットカジノならではといえるでしょう。

このほか、ビットカジノのように仮想通貨をチップにしてカジノゲームが楽しめるカジノがあるのも実際のカジノにはない特徴です。
ビットカジノに限らず仮想通貨を利用できるカジノも徐々に増えており、海外のサービスであることを考えると送金などでメリットがあります。

従来からある実際のカジノ以上に様々な展開が期待できるのはネットカジノの魅力といえるのです。
ただし、あくまで海外のサービスなので注意点も少なからずあります。
ビットカジノのような有名ネットカジノであっても事前に情報を収集してから始めることをおすすめします。

マーチンゲール法とモンテカルロ法のように簡単な攻略法はあるか

マーチンゲール法とモンテカルロ法は、すぐに理解できる簡単さから、成立した中世や近代の時代から現代まで利用されています。
特にオンラインカジノでもこれらの攻略法を利用する方が少なくありません。

そんなマーチンゲール法とモンテカルロ法のように簡単なオンラインカジノの攻略法はあるのででしょうか。
今回は、マーチンゲール法とモンテカルロ法のように簡単な攻略法はあるのか、それらと比べてマーチンゲール法とモンテカルロ法はメリットがあるのかというテーマでお話しします。

簡単な攻略法はある

簡単な攻略法はある
マーチンゲール法とモンテカルロ法以外にも簡単な攻略法はあります。
具体的な攻略法として逆マーチンゲール法(パーレー法)やココモ法といったものを例に紹介していきましょう。

逆マーチンゲール法は、マーチンゲール法の文字通り逆に行う攻略法です。
マーチンゲール法は、負けたらベット金額を倍にしていくのに対し、逆マーチンゲール法は、反対に勝ったらベット金額を倍にする方法です。
ちなみにこの攻略法は、負けたら中止するというのがポイントです。
シンプルで分かりやすく、勝てば勝つほど利益が増えるという魅力を持った攻略法です。
また、マーチンゲール法で利用できる2倍配当のゲームで使えます。

ココモ法は、ルーレットのコラムベットやダズンベットといった3倍配当のゲームで利用する攻略法です。
こちらは足し算を行う攻略法で、負けたら前回と前々回のゲームのベット金額を足してベットするという方法になります。
例えば、1ゲーム目に1ドルベットしたとしましょう。
2ゲーム目は前々回のゲームがないため、そのまま1ドルをベットします。
3ゲーム目は、1ゲーム目と2ゲーム目(各1ドル)を足して2ドルをベット、4ゲーム目は2ゲーム目と3ゲーム目(1ドル、2ドル)を足して3ドルをベットします。
このようにベット金額を足してプレイしていきます。
しかし、一度でも勝てばこれまでベットしてきた損失分をすべて取り返した上に利益が出るという攻略法です。
オンラインカジノでは、メモが取れるので有効な攻略法として利用されることも少なくありません。

このほかにも様々な攻略法があり、マーチンゲール法とモンテカルロ法だけが簡単でシンプルな攻略法とは言い切れないのが現状です。
ただ、マーチンゲール法とモンテカルロ法は、これらの攻略法にはないアドバンテージがあります。
そのアドバンテージについて次の項目でお話していきましょう。

自動計算できる環境がある分他の攻略法より簡単

自動計算できる環境がある分他の攻略法より簡単
マーチンゲール法とモンテカルロ法は、自動計算できる環境があります。
そのため、攻略法として単純に比較すると、マーチンゲール法とモンテカルロ法のように簡単な攻略法はあるものの、手軽さで劣っています。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は、ウェブ上やアプリで自動計算できるため、計算ミスによる損失がありません。
一方、他の攻略法は、知名度がそこまで高くなかったり、若干計算が面倒だったりといった理由から、自動計算がないのです。
自分でプログラムやエクセルなどを利用して計算していけば、良いのですが若干手間です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は自動計算によって、前回ベットした金額を入力していったり、勝敗を入力したりするだけでベット金額が算出されます。
この数字をもとに淡々とベットしていくことで、他の攻略法よりも圧倒的に簡単に、攻略法が使えるのがメリットです。
よりスピーディーにどんどんプレイを行って利益を積み重ねるという意味で、マーチンゲール法とモンテカルロ法は他の攻略法にはないアドバンテージを持っているといえます。
実際にマーチンゲール法とモンテカルロ法の自動計算はネットで簡単に見つけられます。
興味のある方は、一度利用してみるのがおすすめです。

状況に応じた攻略法を知っておくことも重要

状況に応じた攻略法を知っておくことも重要
状況に応じてマーチンゲール法とモンテカルロ法以外の攻略法を知っておくことも重要です。
例えば、少しでも利益を出したい場合は、マーチンゲール法ではなく逆マーチンゲール法を使うといった内容です。

また、モンテカルロ法を使う代わりにココモ法を使うことも有効な場合があります。
複数回勝たなければいけないモンテカルロ法に対して、ココモ法は1回の勝利ですぐに攻略が終了できます。
このように柔軟な対応をすることで、より確実なオンラインカジノの勝利が期待できるでしょう。

もちろん、マーチンゲール法とモンテカルロ法の簡単さは自動計算を使うことで圧倒的です。
もし、マーチンゲール法とモンテカルロ法を利用する場合は、自動計算を併用して、プレイしてみるのはいかがでしょうか。
そうすることによって、よりスピーディーに、より確実に正確なベットを行うことができ、利益を積み重ねられるでしょう。

ラッキーニッキーのヴィーナスポイントを使った入出金のポイント

ラッキーニッキーは、多くのオンラインカジノで利用されているヴィーナスポイントにも対応しています。
今回は、ラッキーニッキーでのヴィーナスポイントの利用方法について、入金や出金のポイントについて紹介していきます。
これを読めばきっとラッキーニッキーでのヴィーナスポイントの円滑な利用がわかるでしょう。

ヴィーナスポイントを利用した入金

ヴィーナスポイントを利用した入金
ラッキーニッキーは入金手数料無料で10~5,000ドルの範囲で入金可能です。
入金手数料は、ヴィーナスポイントの場合無料のため、手数料が差し引かれずに何度でも額面通りの金額を入金できます。
また、金額の範囲も1日の入金上限になっているため、5,000ドルであっても30日間毎日入金すれば15万ドルまで可能です。
ここまで入金できれば、よほどのハイローラーでない限り問題ないといえるでしょう。

気になる入金時間の反映も即時範囲になっているのが特徴です。
そのため、クレジットカードの入金並みに便利なのがメリットです。
もし、ラッキーニッキーを利用してすぐに、しかも無料で入金したい場合は、ヴィーナスポイントが候補の1つとして挙げられるでしょう。

入金方法は簡単です。
ログイン後にキャッシャーを選択し、ヴィーナスポイントのアイコンをクリックまたはタップします。
そしてアカウントID・パスワード・入金額を入力して完了です。

出金も利用できるヴィーナスポイント

出金も利用できるヴィーナスポイント
ヴィーナスポイント出金はラッキーニッキーの場合、手数料無料で20~5,000ドルになります。
出金上限に関しては入金と異なり、毎日5,000ドル出金するということはできません。
後述しますが、月間上限が設定されており入金のように15万ドルもの出金するということが困難です。
スピードも入金と異なり、出金申請から出金完了まで、24時間~72時間程度かかります。

出金方法はラッキーニッキーのホームページにある「キャッシャー」から出金を選択します。
ここでヴィーナスポイントのアイコンを選びましょう。
そして金額を入力し、通貨を選択(基本は、アメリカドルであるUSD)して送信をクリックまたはタップすれば完了です。

このままでは現金の情愛ではないため、ヴィーナスポイントに出金されたら、ヴィーナスポイントのサイトにアクセスします。
そこで換金をクリックまたはタップし、「口座の事前登録はこちら」を選びます。
ここで銀行名と支店名、口座種別(基本は普通を選びます。)そして口座番号を入力し、口座を追加しましょう。
そこから口座を選択し、注意書きをよく読んでから、「上記に同意して換金する」を選びます。
最後に同意して換金申請を選べば、指定された銀行口座に現金の形で振り込まれます。

ヴィーナスポイントを利用する注意点

ヴィーナスポイントを利用する注意点
ラッキーニッキーでヴィーナスポイントを利用する上での注意点は3つあります。
それは、入出金方法を同じにすること、出金限度額の存在、出金には本人確認が必要ということです。

ヴィーナスポイントは、事前にアカウントを作成して、入金を行います。
出金をする場合は、ヴィーナスポイントで入金している必要があります。
例えば、クレジットカードで入金している場合、ラッキーニッキーではヴィーナスポイントの出金ができません。
こういった条件があるので注意しましょう。
また、アカウントの入力を間違えても出金できないため、アカウントの管理はしっかり行っておきます。

出金限度額もあります。
月間出金上限が2万ドルに制限されているのがヴィーナスポイントの特徴です。
少額でプレイしている場合は、2万ドルという金額は十分で、問題になりません。
しかし、ジャックポットで大当たりした場合は、ヴィーナスポイントでは1度に出金できないので注意しましょう。
また、ハイローラーという数十万円程度の金額をベットしているプレイヤーには、上限額が低いので不向きな面もあります。
こういった上限額が設定されている点に注意しましょう。

最後が出金には本人確認が必要になるという点です。
ラッキーニッキーはセキュリティ保護の観点からプレイヤーの個人情報を確認することを行っています。
そのため、出金前に運転免許証などの身分証明書、住民票などの住所確認書類の提示が求められます。
しかも、1回提示して終わりというわけではありません。
ヴィーナスポイントで高額な出金をする場合や期間が空いての出金の場合もこのような手続きが必要です。
以前にヴィーナスポイントをラッキーニッキーから出金したときに本人確認はしたという方も注意しましょう。
久しぶりの出金で本人確認されるケースもあり、急な書類の用意をしなければいけなくなる可能性があるからです。
普段出金しないような高額な出金を行う場合にも最新の情報を知りたいという意味で本人確認を求められる場合があるため、注意です。

このような注意点を押さえておけば、ラッキーニッキーでヴィーナスポイントを利用する際もスムーズに行くでしょう。

人気のスロットとブラックジャックの特徴や魅力について

オンラインカジノではたくさんのゲームで遊ぶことができますが、特にスロットとブラックジャックに関してはとても人気のあるゲームです。
オンラインカジノで初めて遊ぶ人から経験者や熟練者まで、多くのプレイヤーがスロットとブラックジャックを楽しんでいます。
ではオンラインカジノのスロットとブラックジャックには、どのような特徴や魅力があるのでしょうか。

高額配当を狙えるのがスロットの魅力

高額配当を狙えるのがスロットの魅力
オンラインカジノにおけるスロットの最大の魅力と言えば、何といっても高額配当を狙えることでしょう。
ブラックジャックの場合は勝利しても基本的に2倍配当ですが、スロットなら一撃で数千倍はもちろん万倍以上を狙える機種も数多くあります。
驚くような超高額配当が飛び出ることもありますし、万が一ジャックポットに当選すれば数億円もの賞金をゲットできる可能性もあります。

高額配当を狙えるスロットは、資金が限らている人でも一攫千金を目指して打てるのも大きなメリットです。
ブラックジャックは堅実に増やしたい人にはお勧めできるゲームですが、せっかくオンラインカジノで遊ぶなら高額配当の夢も見たいでしょう。
機種によっては賭け金が1ドル以下でも1万ドルを超える配当も狙えるので、予算の範囲内で遊んでみるといいでしょう。

もちろんマイルドで遊びやすい機種もたくさんありますし、ローリスクでそこそこの配当に期待できるスロットもあります。
無料のお試しプレイで遊ぶこともできるので、いろんなスロットを遊びながら自分にぴったりの機種を探していきましょう。

還元率の高さが魅力のブラックジャック

還元率の高さが魅力のブラックジャック
スロットは高額配当を狙えることはとても魅力的ですが、他のゲームと比較して還元率が低いことが大きなデメリットです。
それに対してブラックジャックは、オンラインカジノのゲームの中でも還元率は最高レベルで、勝ちやすさではスロットよりも断然上です。

またスロットを始めオンラインカジノのゲームの大半は、勝つか負けるかは運に左右されますが、ブラックジャックの場合は戦略を立てることで自力で勝率をアップさせることが可能です。
カードを引くべき状況を的確に判断できれば、還元率はさらに高くなるのでより一層勝ちやすくなります。

さらにブラックジャックはライブゲームで直接ディーラーと対戦することもできるので、本当に現地のカジノで遊んでいるような気分で勝負できます。
オンラインカジノはもちろん、海外のカジノで遊んだ経験も全くない人にとって、ブラックジャックのライブゲームはとても楽しく遊べるでしょう。

どちらが初心者にお勧めか

スロットもブラックジャックも初心者に凄くお勧めできるゲームですし、どちらを先に遊んでも基本的には全く問題もありません。
ただオンラインカジノで遊ぶことが完全に初めてであれば、ブラックジャックからプレイするのがいいかもしれません。

オンラインカジノのスロットは日本のパチスロとゲーム性や遊び方も大きく違いますし、機種によってはルールがかなり複雑だったりします。
一方でブラックジャックはすでに遊び方を知っている人もたくさんいるでしょうし、ルールも単純明快で分かりやすいので非常に取っつきやすいです。

リアルマネーで勝負するならまずはブラックジャックから始めて、スロットはいろんな機種を無料でプレイしてから遊んでみるといいでしょう。
登録時に入金不要ボーナスがもらえるオンラインカジノもあるので、それを使えば自分のお金を減らさずにスロットをプレイできます。

ちなみにほとんどのオンラインカジノは初回入金時に100%以上のボーナスをもらえるので、特にスロットをメインに遊ぶなら絶対に受け取っておきましょう。
軍資金を増やせることも大きなメリットですが、スロットは基本的にボーナスの消化率が100%なので、ボーナスの出金を目指すならブラックジャックよりスロットの方が効率的です。

基本ルールを覚えて戦略を立てて勝負したい

基本ルールを覚えて戦略を立てて勝負したい
スロットにしてもブラックジャックにしても、自分のお金で遊ぶなら必ず基本ルールを覚えてからプレイするようにしましょう。
スロットなら配当表やボーナスの当選条件など、最低限のゲーム性を把握してから遊ぶのが望ましいです。
ただスロットは実際に遊んでみないとルールがよく分からない場合もあるので、無料プレイができるならお試しで打ってみましょう。

一方でブラックジャックはディーラーがカードを引く条件や、プレイヤーがカードを引くべきかどうかの基本戦略は覚えておきたいです。
ベーシックストラテジーの表を参照することで、カードを引くべきか否かを適切に判断できるので、初心者は表を見ながらプレイするといいでしょう。

スロットやブラックジャックの魅力を最大限に引き出すためには、自分自身がルールを覚えて戦略を立てながら勝負することも非常に大事なことです。
状況やタイミングによって賭け金を増やしたり、攻略法などの情報を収集して試したりすることで、もっともっと楽しくオンラインカジノを遊べるようになります。

ネットカジノが儲けているのは違法行為をしているせい?

ネットカジノは、違法でもありませんが、合法でもありません。
グレーという言い方が正しいのですが、うがった見方をすれば、やっぱりどうしても怪しいという気持ちを持ってしまうでしょう。

ネットカジノはがんがんに儲かっている話しも聞くことがありますが、儲けているから違法ネットカジノではないのかという疑いも、あなたの頭に浮かんでしまうのかもしれません。

しかし、儲かるから、ネットカジノが違法なのではありません。
実際に、ネットカジノは、儲かる理由が存在しているから儲かり、それはプレイヤーにも還元されているはずです。

いま、みなさんがお持ちの疑問を解決して、すっきりした気持ちでネットカジノと向き合っていただければと思います。

ネットカジノの運営は儲かっている?

ネットカジノの運営は儲かっている?

実際に海外ネットカジノは、他のギャンブル以上儲けているというのは事実です。
だから、ネットカジノは違法性ありなのでしょうか。

すぐに違法性と結び付けてしまうことも、とても危険な発想だと思いますが。

なんで、ネットカジノの運営会社ががんがんに儲けることができるのかといえば、ネットカジノは、基本無店舗型運営なので、コストが店舗型よりもかからない点にあります。

昔の言い方をすれば、実店舗が存在しない状態で運営をしているなんて怪しくて仕方がない、絶対に違法ネットカジノに決まっているという見方になってしまうのかもしれませんが。
ただし、最近では銀行でもネットバンクが存在しているので、おおかたの方々が、無店舗型のあり方を了解しているころではないでしょうか。

実際に、ネットカジノも店舗を持たない運営の方法を取っています。
店舗はあえて言えば、サーバーのことです。
サーバーが、あなたにゲームを提供しているのにすぎないのです。
さらに、カジノゲーム自体も、ソフトウエア会社から提供を受けているものなので、実体のない存在なのです。

逆にいえば、日本で多くの方々が楽しんでいるパチンコ、競馬などは、実体の存在している遊戯、ギャンブルです。
実体が存在しているということは、それだけで建物に対してコストがかかるでしょうし、人を雇用してそこに人件費が生まれることになります。
パチンコでも、競馬でも、土地代が高いからどうにかならないのかなどといったことを日々、あくせくしているのかもしれません。

しかし、ネットカジノに目を向ければ、実体が存在していないのですから家賃云々の問題は全く関係がありません。

でしたら、ネットカジノがその分だけ儲かっていても当たり前は当たり前ということになるのではないでしょうか。

ネットカジノは還元率が高い

ネットカジノは還元率が高い

還元率とは、ゲームを遊んでいる方々が、賭けたものに対して、どれだけのパーセンテージで配当が戻ってくるのかの率のことを言います。
実際にネットカジノの還元率をチェックしてみましたが、93〜98%というデータがあります。
ネットカジノは、相当高い還元率なのです。
他の日本で行われているギャンブルも還元率を確認してみたのですが、パチンコは80〜85%、競馬は、70〜80%、協定は75%、宝くじは、46%という数字です。

日本のギャンブルの中では、パチンコが一番還元率が高いということになりますが、それでも、ネットカジノの方が上なのです。

ネットカジノとは別に、ラスベガスでは、堂々とカジノが開催されていますが、あちらのカジノの還元率はどのような感じなのでしょうか。
PalmsCasinoResort は、93.42%です。

Gold Coast は92.84%。
Sahara Las Vegas は92.81%、BourbonStreetは92.63%というデータがあります。

ラスベガスでカジノを楽しんでいる方々って、とても多く、滅茶苦茶儲けているイメージがありますが、それでもネットカジノの還元率よりも下です。

ズバリ、日本のみなさんが一番高い確率で儲けたいと思えば、ネットカジノと向き合うことが正しい選択肢であることは事実なのです。
ネットカジノは儲けているから、還元率も高いのです。

ネットカジノは、目茶苦茶儲けることができるから、その分お客様に還元し、満足できるゲームを提供しています。
あらためてネットカジノの運営会社はとても良心的行いをしてくれているような気にもなって来るのではないでしょうか。

それでも、ネットカジノは、いろいろあるギャンブルの中で、一番ヤバいギャンブルだとおっしゃるのでしょうか。

ネットカジノが、還元率が高い理由は、まだ他に理由としてお話ししなければならないことがありますが維持管理費だったり、人件費だったり、水道光熱費、また景品の費用にだってコストはかからないですし、ソフトウエア会社に対して高い料金は支払いしているものの、具体的にここに機械がありそれに対してお金を支払いする必要がありません。

まとめ

まとめ
いかがでしょうか。
ネットカジノが違法行為をしているから儲かっているのではないということが、いささか理解することができたのでしょうか。
ネットカジノは、日本の方々が、競馬やパチンコ同等に安心してプレイをすることができるギャンブルです。

ついついお金を稼ごうと思えば、目の前に具体的に存在しているパチンコや競馬に依存してしまうのかもしれませんが、ここは、しっかりネットカジノにも目を向けてみましょう。
一番身近な存在は、ネット上に存在しているネットカジノなのです。

オンラインカジノでも使えるマーチンゲール法のデメリット

オンラインカジノには多くの攻略法があります。
その中でも気軽に使える攻略法としてマーチンゲール法が知られています。
しかし、気軽に使える分、攻略法としては洗練さにかけており、デメリットも多いのが事実です。

今回、このマーチンゲール法のデメリットを中心にお話ししていきます。
これを読めばきっとマーチンゲール法の慎重な運用ができるようになるのではないでしょうか。

それではお話ししていきましょう。

逆転が期待できるマーチンゲール法のデメリット

逆転が期待できるマーチンゲール法のデメリット

ある人気ギャンブル漫画でも主人公が起死回生の一発を決めた攻略法として華やかな印象を持っているマーチンゲール法、一発逆転や起始海棲という言葉が似合うマーチンゲール法ですが、デメリットも多くあります。

確かに負けたらベットした金額の倍を賭けて再び勝負するというシンプルで分かりやすいのがマーチンゲール法のメリットです。

そのため、安易にオンラインカジノの初心者でも利用したくなる攻略法なのですが、デメリットを知らないと大きな痛手を負います。
ドラマや時代劇などで、ギャンブルをして身をやつす姿が出てきますが、大概がルーレットや丁半ばくちにマーチンゲール法のような賭け方をして、負けるというパターンです。

また、歴史を紐解くと、ギャンブルの鴨にされやすかったスペインに住むバスク人たちが盛んに負けたら倍賭けるということを繰り返したとも伝聞されています。

このようにネガティブなイメージを持っているマーチンゲール法ですが、具体的にどのようなデメリットがあるのか、端的に言えば資金力が必要なこと、ゲームが限られるということ、そして決まっても利益は少ないということです。
それら3つの具体的なデメリットについて紹介していきましょう。

資金力という体力が要求される

資金力という体力が要求される
マーチンゲール法は資金力が必要です。

つまり、いくら負けても耐えられるだけのチップを用意しなければいけません。
マーチンゲール法は基本的にどんなに負けても最後に一回勝てば負けた分が取り返せる上利益が出るものです。
理屈の上では勝率100%の必勝法と言えます。
ただし、その負け続けることに耐えられるだけの体力が必要です。

具体的な数字を挙げて紹介していきましょう。
例えば、最初に1ドルのベット金額で勝負して負けたら2ドル、次が4ドルです。
この程度で勝てれば問題ありませんが、負けが込むほど一気に倍率が上がっていきます。
8連敗で256ドル、10連敗すれば1,024ドルです。

最初はとても安いのですが、10連敗では非常に高額な資金が求められます。
ここまで来るのは99%あり得ないのですが、100回程度勝負していれば、必ず1回はやってくるのです。
この1回に耐えられないと、今までの損失が全て飛んでしまいます。

また、オンラインカジノのゲームにはベット金額の上限が設定されています。
この上限がゲームによっては1,000ドルになっている場合もあり、10連敗した時点でベット金額の上限に達してしまうため、実質マーチンゲール法の継続が困難になるのです。
こういった上限との戦いもマーチンゲール法のデメリットになり、100回以上プレイすれば、必ず1回は起こりうるのです。

対応できるゲームが限られている

対応できるゲームが限られている
マーチンゲール法はすべてのゲームで使えるわけではありません。
実は2倍の配当のゲームにしか利用できないのです。

例えば、ルーレットの2倍のベット法やブラックジャックなどのスタンダードなテーブルゲームです。
オンラインカジノには、倍率を工夫した様々なゲームがありますが、そういった派手なゲームではなく、地味なゲームで粛々と利益を狙うしかありません。
オンラインカジノの魅力は、派手なゲームやエキサイティングする斬新なゲームです。

地味なゲームを延々とプレイすることは魅力といえるのか、その感じ方によっては大変なデメリットに感じるのではないでしょうか。
しかしマーチンゲール法は、そういった2倍配当のゲームしか通用しないので割り切って利用するようにしましょう。

逆転しても利益があまり出ないマーチンゲール法

一発逆転、起始回生、そんなイメージからマーチンゲール法は勝った際に莫大な利益をもたらす印象があります。
確かに配当金は大きいのですが、今まで投資してきた金額を考えると、その利益は非常に少ないのです。

端的に言えば最初にベットした金額と同じ程度の利益であり、1ドルからスタートしたら、どんな局面から挽回しても1ドル程度しか儲かりません。
100ドルからスタートすれば100ドル儲かるかもしれませんが、その分資金が必要になり、8連敗したら約256万円程度のベット金額が必要です。
こういったことから、1ドルでスタートして何度もマーチンゲール法を繰り返して利益を積み重ねていくのですが、冒頭の1%の確率で出るかもしれない10連敗などにはまってしまい、大きな損失を出してしまうのです。

ルーレットもスロットもアプリ無しでスマホで遊ぶ方法

オンラインカジノをプレイするのならパソコンを使用するのが一般的ですが、外出先などの空き時間にスマホでプレイしたいという人は多いと考えられます。

しかし、アプリを導入するのはセキュリティ的に抵抗がある場合もあり、またビデオスロットのようなゲームではなく、カジノの華ともいえるルーレットをスマホでプレイする場合など、どうしても選択肢は限られてしまいます。

そこで今回はアプリをダウンロードしなくても、スロットやルーレットといったオンラインカジノゲームを遊べる方法を紹介します。

大前提はスマホに対応しているオンラインカジノ

大前提はスマホに対応しているオンラインカジノ
スマホでオンラインカジノを楽しもうとした場合、大前提としてオンラインカジノのシステムがスマホに対応しているかによります。
これはスロット、ルーレットに限らず全てのオンラインカジノのゲームが同様で、おすすめなのはベラジョンカジノやカジ旅などが挙げられます。

システム周りがスマホに対応しているオンラインカジノであれば、アプリをインストールしなくてもスマホブラウザからパソコンと同じ環境でプレイすることが可能の為、まずはスマホに対応しているオンラインカジノを選ぶようにすることが肝心です。

アプリを配信している店舗は少ない
スマホでルーレットなどのオンラインカジノを遊ぶためには、スマホ対応の店舗をブラウザでプレイするかアプリをスマホにインストールするかのどちらかになります。
しかし、実際のところはスマホ対応の店舗数は一定量あるものの、専用のアプリを配信している店舗数はとても少ないというのが現状です。

また、リスクマネジメントの観点から見ても、単一店舗でプレイするよりかは複数店舗でプレイした方が良い場合も多く、その際に数の少ないアプリを導入するよりかは数の多いスマホ対応の店舗をブラウザでプレイする方が効率的ともいえます。

ほぼ全てのゲームを遊べる
環境がスマホに対応しているのなら、スマホブラウザだからといって基本的なゲームプレイに制限はありません。
これはスマホに適していると考えられるビデオスロットのみならず、カジノの華であり多くの攻略法も存在するルーレットにおいても同様です。

もちろん、パソコンと違いルーレットやライブカジノをプレイする際には画面の小ささなどによる見辛さなどがデメリットとして挙げられますが、プレイそのものへの影響はほぼないので安心して遊ぶことが出来ます。
なお、画面の小ささによる問題がどうしても気になる場合は、タブレット端末などを利用すると大きく改善されますのでおすすめです。

バッテリー消費と通信量には要注意
スマホ対応の環境であればオンラインカジノも手軽にどこでも楽しむことが可能ですが、スマホでプレイする場合にはバッテリー消費には十分に気を付ける必要があります。
バッテリーについてはオンラインカジノのゲーム全てに言えることですが、スマホでルーレットなどのライブカジノを楽しみたいという人の場合、通信量は非常に高くなるものと想定されます。

その為、スマホでの初回プレイ時に通信量を計測して管理するか、もしくはWi-Fi環境を上手に利用するなどの工夫が必要です。
せっかくスマホで手軽にオンラインカジノを楽しめても、肝心なところでバッテリー容量が無くなったり通信制限が掛かったりしては面白さも半減してしまいます。

疑似的なアプリ化

疑似的なアプリ化
スマホでオンラインカジノをプレイする場合、スマホ対応の店舗であれば対応したブラウザでプレイすることが可能ですが、毎回ブラウザを立ち上げてから操作するのは手間と考える人は少なくありません。

その点、専用アプリの場合はスマホのホーム画面にあるアイコンを選択すればすぐに起動するため利便性という意味では優れていると言え、スマホブラウザでプレイするにしてもホーム画面にアイコンを追加する方法を利用すれば疑似アプリとして運用できます。

具体的な手順は下記です。

1・スマホブラウザでオンラインカジノのページを表示する
2・ブラウザのメニューを開き「ホームに追加する」を選択する
3・以後はホーム画面のアイコンをタップすれば即アクセス可能

この方法はandroidやiPhoneといったプラットフォームの違いはあれど、どのブラウザにおいても共通する方法ですので利用しない手はありません。

複数サイトもフォルダにまとめれば管理も楽
前述の方法を使用すれば、ブラウザページもホーム画面に表示して運用することが可能ですが、複数のオンラインカジノを利用している場合、疑似アプリをフォルダにまとめて運用すると管理はとても楽になります。

また、フォルダに収納して管理すればロックや非表示も可能のため、第三者に知られたくない等といった場面においても非常に便利なため、アイコンを作ったあとは少なくてもフォルダにいれた管理をおすすめです。

スマホでいつでもどこでもオンラインカジノ

スマホでいつでもどこでもオンラインカジノ
スマホでオンラインカジノを楽しむ最大のメリットは、やはり手軽さとその利便性にあります。

隙間時間はもちろんの事、出先や仕事の昼休憩中などでも今回紹介した方法を使えばスマホでいつでもオンラインカジノを楽しむことだ出来るため、今までパソコンでしか遊んだことが無いという人は、是非ともこの機会にスマホでオンラインカジノを楽しんでみては如何でしょうか。

ベラジョンカジノのボーナスの特色

はじめに

通常、ランドカジノ等でゲームをプレイするには、キャッシュが必要になります。
一方、オンラインカジノのベラジョンカジノでは、キャッシュ以外にボーナスが使えます。

ボーナスは様々なタイミングで獲得できるもので、キャッシュと同様、勝利金を引き出すことが出来ます。
当記事ではベラジョンカジノのボーナスを紹介しながら、使用上の注意点なども解説します。

初回入金ボーナス

初回入金ボーナス
ベラジョンカジノでは登録後の初回入金に対して、3段階の入金ボーナスが用意されています。
最初の初回入金では入金額の100%が付与され、最大500ドルまで獲得可能です。
2回目の入金では入金額の50%が付与され、最大250ドルまで受け取れます。
そして、3回目の入金では再び100%となり、最大200ドルのボーナスが付与されます。

初回入金ボーナスが最も獲得可能金額が高いので、資金的に余裕があれば初回に500ドルを入金するのが良いと言えます。
そして各回で最大ボーナスを貰えば、その額は950ドルに及ぶわけです。

ベラジョンカジノでは、初回入金ボーナスに加えて、10日間のスピンクレジット5ドル分も獲得できます。
獲得条件としては、キャンペーン開催中24時間以内にログインするだけです。

さらにベラジョンカジノには、登録だけで無条件に付与されるウェルカムボーナスが用意されています。
その金額は10ドルで、初心者がお試しにゲームを楽しむのにちょうど良い額と言えます。

コインシステム

コインシステム
ベラジョンカジノではコインシステムが導入されており、何かにつけてコインが貰えます。
そのコインは専用ショップで使えるもので、ボーナス同様の特典となります。
コインは、スピンクレジットやフリースピンと交換できます。
スピンクレジットは特定のゲームで使えるボーナスで、該当ゲームで優先的に消費されるのが特徴です。
勝利金はボーナスとして反映され、一般ボーナスの規約が適用されます。

スピンクレジットがライブカジノ用であれば、ブラックジャックやバカラ、ルーレットなどのライブゲームに適用できます。
フリースピンは特定のスロットゲームで使える無料プレイで、指定回数分だけゲームを回せます。
専用ショップでは指定ゲームとプレイ回数がセットになっており、コインで購入できます。
勝利金はボーナスとして反映され、一般ボーナスの規約が適用されます。

バッジレベル

ベラジョンカジノでは、アカウントのレベルに応じてバッジレベルが付与されます。
全部で9つのレベルが用意されており、レベルによってショップで購入できるアイテムの種類が異なります。

例えばバッジレベルが15になれば、最大100ドルまでの100%ボーナスが購入できます。
これら何れのボーナスにおいても、勝利金は一般ボーナスの規約が適用され、出金条件は20倍となっています。
ベラジョンカジノの購入可能なボーナスで、最も利便性が高いのが「キャッシュ」です。

キャッシュの最大のメリットは、出金条件が1倍となっていることです。
指定ゲームの制限もないので、ボーナスの中では最強のアイテムと言えます。
キャッシュはバッジレベル10以上で購入可能で、バッジレベル30以上では1000ドル分を購入できます。

ボーナスの注意点

ボーナスの注意点
ベラジョンカジノでは、ボーナスの受け取りを拒否することも可能です。
プレイヤーの中には、ボーナスに課される出金条件を煩わしいと感じる人もいるからです。

20倍という出金条件は他のオンラインカジノに比べ、かなり緩いものとなっています。
それでも、プレイヤーによっては煩わしくなるものです。
初回入金ボーナスに関しては、アカウントへの入金時に受け取らない選択が可能です。
デフォルトではボーナス欄にチェックが入っているので、それを外すだけで済みます。
その他のボーナスに関しては、コインと交換しなければ付与されません。
フリースピンに関しても、使わない選択肢を選べば済むことです。

ベラジョンカジノでは、キャッシュとボーナスは別ウォレットで管理され、キャッシュから優先に消費されます。
それ故、キャッシュで獲得した賞金は出金条件が課されず、直ぐに引き出すことが可能です。
一方、ボーナスには有効期限が設定されており、原則として30日間しか使えません。
また、入金ボーナスが残ったまま出金すると、付与されたボーナスがゼロに戻ります。
それは、入金ボーナスがあくまで入金されたキャッシュに対して付与されるものだからです。

まとめ

ベラジョンカジノでは、ボーナスの出金条件は20倍となっています。
また、ゲームによってベット額の消化割合が異なっており、テーブルゲームなどは低めに設定されています。

一方、スロットはベット額の100%が消化されるので、直ぐに出金条件をクリアできるものです。
ベラジョンカジノのボーナスは、適切に使えば勝率アップに大きく貢献できるものです。
先ずは規約をよく読んで、注意事項を理解することが大事です。

しっかりしたオンラインカジノなのかチェック

オンラインカジノに限らず、ゲームやギャンブルにありがちなのがイカサマ疑惑です。
ゲームの確率などを操作すればいくらでも儲けることが可能と考え、オンラインカジノを詐欺などと呼ぶ人もいます。

しかし、実際にはオンラインカジノ側がイカサマをしようとすると、法律で裁かれ、運営自体ができなくなる可能性があります。
ライセンスを取得するなど各国の法律のもとで運営されているオンラインカジノは、仕組み的にイカサマができないのです。
オンラインカジノに提供されるゲームメーカーも不正を持ち込めないよう工夫しているため、詐欺とは無縁で遊べるようになっています。

オンラインカジノはイカサマに厳しい

オンラインカジノはイカサマに厳しい
オンラインカジノのゲームはプログラムで動いているため、負け続けると確率も操作されているのではと思われがちです。
しかし、実際に確率を操作するとなると、法律上の問題が出てきます。

これはオンラインカジノが各国のライセンスを取得し、運営されているためです。
ライセンスの取得には運営の公平性や資金力、安定性などが求められます。
確率を自在に操作できる状態になれば、運営はいくらでも客から掛け金を搾取することができます。

しかし、それでは中長期でビジネスを続けることはできません。
運営会社の匙加減で勝ち負けが決まるようでは、正常な賭け事ができると言えなくなります。
そのため、運営がイカサマを持ち込めない、客も持ち込めないように対策を含め、公平に遊べる場を作れなければライセンスが取得できない仕組みになっているのです。

ライセンスを取得できなければ、オンラインカジノとしての国際的な信用性が失われます。
確率などの操作疑惑が常に付きまとい、合法性も疑われます。
より多くのお客を集め、儲けを出すためにはライセンスの取得は必須になっています。

国によってオンラインカジノのライセンスの基準は異なるものの、ライセンスを悪用してお金を稼げないよう厳しく制限されているのも特徴です。
詐欺やイカサマが気になる場合は様々な国の発行するライセンスを持ったオンラインカジノを選べば良いのです。

詐欺メールには注意

新詐欺メールには注意
実際に国際的なライセンスを取得しているオンラインカジノで、様々なゲームを遊ぶ場合は詐欺にあう可能性はありません。
オンラインカジノにゲームを提供するゲーム会社も第三者機関のチェックを受けるなど、イカサマを防ぐための取り組みを行っています。
信頼性の高いオンラインカジノを選べば安全に遊ぶことができます。

しかし、オンラインカジノが詐欺と無縁なわけではありません。
特に注意が必要なのが、オンラインカジノの新規オープンに絡む詐欺です。
今登録すれば儲かる、宣伝すれば儲かるなどといった手法でお金を集め、結局オープンしないオンラインカジノも存在するからです。

ライセンスを取得する前から大々的な宣伝やキャンペーンを行っている場合はある程度警戒するのがおすすめになります。
ライセンスが実際に取得できない間は、不正を防ぐ仕組みなどもしっかり整っているかがわからないためです。

有名なオンラインカジノを装った詐欺メールなどにも注意が必要です。
大量のボーナスや高額当選などのメールが来ても、実際に参加したゲームなのか、登録したオンラインカジノなのかを考える必要があります。

紛らわしいメールアドレスにされている場合や、登録されている国とは違う国のアドレスから送られているメールは警戒する必要があります。
すでにある程度信頼があるライセンス取得済みのオンラインカジノで、正規のルートで登録し、遊ぶのが基本なのです。

公式ページでライセンスなどをチェック

公式ページでライセンスなどをチェック
オンラインカジノで遊ぶことが不安な場合は、公式ページでライセンスの情報やプライバシーポリシーをチェックするのがおすすめです。
これは法的な根拠を持って運営されているオンラインカジノほど情報を充実させ、ライセンスなどもオープンにする傾向があるためです。

日本語対応で少しでも安心してプレイできるように工夫しているオンラインカジノは珍しくなくなっていて、情報の充実度合いにもその姿勢が現れています。
信頼性が高いオンラインカジノの場合、日本語対応のレベルも高いのが特徴です。
日本語の質問メールが、日本語で返ってくるのは当たり前になります。
チャットで日本語の質問ができるオンラインカジノも増えていて、コミュニケーションのとりやすさも信頼に繋がる部分になってきます。

必要な情報を隠して利用者を増やそうとする行為は、不正な行為とみなされやすいのもポイントです。
法律上の観点から情報をオープンにし、透明性をアピールするオンラインカジノが多くなっているのです。
英語などの海外言語ができない場合は、まず日本語対応のオンラインカジノを選ぶなど工夫をするとより安心して遊べるようになります。

安心できるオンラインカジノ選びから

オンラインカジノは各国のライセンスを取得して運営されるのが一般的で、ライセンスを取得していないオンラインカジノはそれだけ信頼性が下がります。
詐欺やイカサマを避けたいのであれば、ライセンスを取得したオンラインカジノを遊べば心配が不要になるのです。

オンラインカジノ大手ほどライセンス情報や個人情報の取り扱いなど、セキュリティーに関わる情報は積極的に公開しています。
気になる場合はまず公式サイトを確認するのがおすすめです。