エコペイズに入金する方法のうち銀行やコンビニ入金を中心に紹介

オンラインカジノで便利な決済サービスの一つにエコペイズがあります。
しかし、あらかじめエコペイズへ入金しないと利用できないシステムになっているのも事実です。

今回は、エコペイズの入金のうち、気軽に利用できる銀行やコンビニの方法について紹介していきます。

エコペイズの利用にはあらかじめ入金が必要

エコペイズの利用にはあらかじめ入金が必要

オンラインカジノにスムーズな送金ができるエコペイズですが、アカウントにお金をチャージすることで初めて利用ができます。

この入金方法には主に振込、ビットコイン、プリペイド決済があります。
今回は銀行やコンビニを利用した振込を中心に説明していきますが、他のビットコインやプリペイド決済について最初に説明いたします。

まず、ビットコインは、Alternative Paymentsと呼ばれるサービスを利用してエコペイズに入金します。
この方法のメリットとして、手数料が無料という点が挙げられます。

次にプリペイド決済は、日本での利用の場合クレジットカードを利用した入金手段になります。
この場合は、ecoVoucherと呼ばれるサービスを利用し、クレジットカードで通販感覚の利用ができ、入金も即時反映されます。

ただし、チャージに本人確認や専用サイトにアクセスしてバウチャーと呼ばれる金券を購入したうえで、その金券を利用してチャージするという手間がかかる方法です。
振込以外の概要を知ったところで、振込の方法について解説していきましょう。

エコペイズの入金として利用できる振込は、WirePayを利用して行われます。
メリットとしては銀行を利用するため、クレジットカードが不要なところであり、確実に入金したい人におすすめです。

次にデメリットも知っておきましょう。
エコペイズの入金に銀行やコンビニを使って振り込む場合は、入金までに日数がかかります。

その反映時間は早くて1日、遅いと数日かかります。
こういった点を知ったうえで振込を利用していきましょう。

銀行を利用したエコペイズの入金

銀行を利用したエコペイズの入金

それでは、銀行を利用したエコペイズの入金について解説します。
まず先ほど出てきたWirePayとは、エコペイズを利用した入金方法です。
簡単に言えば、エコペイズと提携した企業の口座に振り込む方法です。

海外のエコペイズの口座に入金するよりも手数料が安く、さらに迅速な送金ができるメリットがあります。
ただし、通常の国内振込手数料とエコペイズの手数料が5%かかります。
これは銀行でもコンビニでも同じなので注意しましょう。

方法としては、最初にエコペイズへログインして、左サイドメニューより「資金を入金」を選択します。
そして入金予定のアカウント口座を選択しましょう。

これはチャージ先の口座を選択する操作です。
次に「ローカル入金方法」をクリックして、振込による入金に進みます。
そこからいくつかある手段のうち、WirePayを選びましょう。

他にも選択できますが、日本の利用の場合は、このサービスが簡単で分かりやすいのでおすすめです。
入金額を通貨の単位に気をつけて入力し、個人情報についての注意書きにチェックを入れ続行しましょう。

そうすると、国内にある代理店の口座番号が表示されます。
・銀行名
・支店名
・口座暗号
・口座名義(業者の会社名が出ます)
・金額(先ほど入力した金額と通貨単位(JPY)が表示されます)

この情報をコピーするか、PDFで出力できるのでPDFに出力し、ネットバンクであればネットバンクのログイン後に、振り込みを行いましょう。
また、近くの銀行を利用する場合は、銀行のATMへ行って番号を入力し、金額を振り込めば完了です。

コンビニを利用したエコペイズの入金

コンビニを利用したエコペイズの入金

エコペイズは、先ほどの方法を使ってコンビニでも簡単に入金できます。
先ほどの操作と同じようにWirePayを選択して、口座番号を表示させます。
この情報をスマートフォンに送ったり、印刷したりしてそのまま近くのコンビニへ行きましょう。

コンビニにATMがあるので現金を用意し、振込先の口座番号を入力していきます。
そして、送金すれば手続き完了です。
自分の口座から直接入金ができないので、手元にお金がない場合は一度自分の銀行口座からお金を下ろして、そのうえで入金しましょう。

このアクションがある分若干手数料が発生するため、1円でも安く振込でエコペイズのチャージをしたい場合は、銀行を利用するのがおすすめです。
また注意点として、振込金額から手数料が自動的に差し引かれてしまうので利用する際は慎重に行いましょう。

手数料も気になるという方は、ネットバンクを利用して直接自分の口座から入金するとさらに安くなります。

このように、コンビニ入金はとにかく簡単で何かのついでに利用できますが、直接口座から振り込めない分、手数料が大目に発生することや口座番号を控えてから行かないと利用できないので、その点については注意して利用する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA