5割の勝率を十二分に生かす攻略法

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは

オンラインカジノのマーチンゲール法は大変歴史のある攻略法の一つです。
負けたらベット額を倍にするといった簡単でシンプルな手順と、一度でも勝つことができればそれまでの負けを全て取り戻せるということで、世界的に有名な攻略法です。

世の中のマネーシステムはこのマーチンゲールが元になっているともいわれており、覚えておいて損することはない攻略法であると言えるでしょう。
常に倍で賭けていくということもあり、非常に心臓に悪い面もありますが、勝ったときには一度の勝ちで負けが取り戻せるので、夢のような攻略法でもあります。

初心者のプレイヤーはもちろんですが、ベテランプレイヤーも意識せず使っていることも多い攻略法の一つです。
誰でも一度はこっぴどい目にあってしまうともいわれているマーチンゲール法ですが、ぜひ一度は体験することで、ギャンブルを存分に楽しんでみることをおすすめします。

マーチンゲール法の基本とやり方について

マーチンゲール法の基本はとてもシンプルです。やり方はとても簡単です。
負ければ、先程ベットした額の倍を賭けるだけになります。
このため、2倍、4倍、6倍、8倍と賭け続けていくことになります。
そして、一度でも勝つことができれば、負けた金額を取り戻すことが出来るだけではなく、利益もでるという攻略法になります。
とてもシンプルで簡単ですし、複雑な計算は必要がありません。

また、マーチンゲール法が使えるゲームは決まっていて、オンラインカジノのテーブルゲームで主に使えます。
ルーレットやバカラ、そしてブラックジャックなどの勝率50%のゲームにのみ使えるという特徴があります。
ビデオポーカーやスロットは獲得金額がその都度変わりますので、マーチンゲール法を使うことができません。
このため、マーチンゲール法を使いたい場合はテーブルゲームを選びましょう。

マーチンゲール法は卓上の理論よりも、一度プレイをしてみることをおすすめします。
シミュレーションをするなら、オンラインカジノのお試しプレイがおすすめとなります。
お試し版なら、無料でまずは試してみることができます。

マーチンゲール法のメリットと成功率について

マーチンゲール法のメリットと成功率について

マーチンゲール法のメリットですが、成功率が高いというメリットがあります。
マーチンゲール法は10連敗する確率が、0.1%という確率となっており、連敗する確率の低さこそが、マーチンゲール法の最大のメリットとなっています。
システムベットとして成功率が非常に高く、その点でメリットが有るのです。
また、マーチンゲール法は誰にでも使えて、とてもシンプルな攻略法となっています。

2倍で賭けていくだけですので、複雑な計算が必要ありませんし、初心者でも使いやすくなっています。
ある程度シミュレーションをすれば、すぐに実践に活かすことが出来るのです。
そして、マーチンゲール法はたった一度の勝ちで、負けを取り戻せるというメリットがあります。
連敗を喫して負けが近づいていたとしても、それを取り戻すことができて利益も出るのですから、確実に勝ちたいときに向いている攻略法となっています。

マーチンゲール法のデメリットとは?

オンラインカジノのマーチンゲール法は、デメリットも抱えています。
まず、マーチンゲール法は、勝率50%で計算されているという点がデメリットとなっています。
勝率50%で計算されているのですが、実際はこちらにハウスエッジが存在していますので、実際の勝負になるとデータよりも厳しい勝負になってしまうのです。

また、マーチンゲール法は、倍賭けをしていくゲームですので、最初に豊富な資金が必要になります。
途中で持ち金がつきてしまうとその時点でゲームが終了してしまいますので、持ち金と賭け金のバランスを取得することも求められます。
その上マーチンゲール法は、ベットリミットの問題も抱えています。
オンラインカジノでは、テーブルごとにベットリミットが設定されています。
最大の賭け上限を超えてしまうと、それ以上続けることができず、負けが決定してしまうことになります。

さらに、許される連敗数が少なくなってしまいますので、注意が必要となります。

マーチンゲール法は必勝法なのか

マーチンゲール法は必勝法なのか

オンラインカジノのマーチンゲール法は必勝法として紹介されることは多いですが、オンラインカジノにはハウスエッジが存在していて、50%の勝率のゲームでも当然のようにハウスエッジが存在しているので、実際は厳しい勝負になることもあります。
このため負けてしまうと破産をしてしまいますし、確実に勝てる方法ではありません。

攻略法はあくまでもゲームを有利にするための手段であり、ペイアウト率を左右することが出来るというわけではなく、またマーチンゲール法を使ったところで、優位性を得ることが出来るものではありません。
成功率は高いものの、確実性はありませんので、その点注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です