オンラインカジノのもつ豊かな魅力

誰でもギャンブル的なことになると、心が踊り出してくるものです。
いつの間にか時の経つもの忘れて、すごく熱中してしまいます。
パチンコや競馬・競艇等も稼ぐという魅力があると同時に、あの刺激的な空気にハマってしまうと、もう趣味の域を出ているかもしれません。
そんな中でギャンブルファンにとって最も熱くなるのが、カジノではないでしょうか?

ラスベガスやマカオ、モナコに旅行に行って、気晴らしでちょっとカジノで遊んだ経験を持っている人も少なくないでしょう。
その時の興奮と感動は、日本国内では体感できなかったことです。
そう”できなかった”ことです。
しかし、今では興奮のるつぼにハマった体験を日本でも、しかも自宅でもできるのです。

それがオンラインカジノ

それは、オンラインカジノです。
「何それ?」
と思う人もいるかもしれませんが、オンラインカジノは、その名の通りオンラインゲーム。
インターネットで遊べるカジノです。
運営しているのは、カジノを認めている国がキチンと認定したサイトが運営していますので、安心してプレイすることができます。

インターネットなので、ネットが接続できる環境であれば、場所の制約がないのです。
パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでもプレイすることができるので、本当に楽しめるゲームです。
自宅でカフェで、そして、オフィスでも、ちょっとした休憩時間中に遊べるから、カジノの経験者だけでなくても、初心者でも楽しむことができます。

臨場感溢れる画面

「でも、たかがネットゲームでしょ?本格的ではないのでは?」
と首を傾げる人もいるでしょう。
しかし、高精細でカラフルな画面で構成されているオンラインカジノなので、とても臨場感が高いのです。

確かにスマホだと画面が小さくなりますが、小窓から覗きながら、プレイをしている感覚に陥るかもしれません。
オンラインカジノの種類によっては、CGではない実際のディーラーが画面の向こうでゲームをエスコートしてくれる場合もありますので、とても白熱してしまいます。

オンラインカジノには、どんな種類別がある?

スロット

カジノの定番というと、やはりスロットです。
初心者でも簡単に遊ぶことができますし、海外のアニメキャラが登場するスロットもあるので、気軽に楽しめるのです。

スロットと言うと、パチンコ店にもスロットがありますが、回っているスロットのボタンを自分で押して止めます。
でも、オンラインカジノのスロットは、その必要がありません。
コインを投じてひたすらに回すだけ。
マシンが勝手に止まってくれます。
心を無心にして集中して下さい。

また、スロットはカジノの入門編のような感じもするのですが、大きなサービスがあるのです。
ジャックポットという特別ボーナスで、周りの人がエントリーしたコインが貯まって、自分が当たると、総額が一気にもらえるのです。
何か総取りのような感覚ですが、これで億万長者になれた日本人もいるとか。
ハマること間違いなしです。

ルーレット

これもカジノの定番と言えます。ルーレットに玉を転がして、どの番号に入るか?
それを予想するだけのシンプルなゲームですが、意外と奥が深いのが特徴です。
赤か黑をかけるなら、確率は1/2。
特定の番号に1点狙いだったら、当たる確率は低いものの、リターンはとても大きいので、コツコツと稼いでいくか、ハイリターンを求めて男の勝負をするか?
そんな醍醐味があるルーレットです。

ブラックジャック

トランプギャンブルの王道でしょう。
ディーラーから配られたカードの合計が21になれば勝ち!
初めに配られたカードの合計によっては、ディーラーからカードを追加してもらえますが、もらいすぎて21をオーバーすると負け。
ディーラーの持つカードを合計と競うことにもなりますが、その駆け引きがスリルです。

バカラ

これもトランプを使うギャンブルですが、ゲームの内容はブラックジャックよりシンプルです。
合計が9になれば勝ちなのですが、シンプルなだけに儲けを重視した人が、大きく賭けることも少くないことから、かなりのコイン動くことになります。

ペイアウト率が高いオンラインカジノ

他にもポーカーや麻雀もあるくらい、多彩なオンラインカジノなのですが、人気が白熱している理由は他にもありました。
それはペイアウト率がとても高いこと。
ペイアウト率とは、賭けたお金に対してのリターン率と言っても良いでしょう。
日本人国内のギャンブルだと、6割~8割程度といわれていますが、オンラインカジノの場合は、限りなく100%に近いので、人気が集まるのです。

オンラインカジノって違法ではないの?

儲かる話も何度と出てきましたが、日本はこんなギャンブルは違法はないかという疑問がありますよね。
確かにお金を賭けるギャンブルは違法です。
しかし、オンラインカジノについては、現在のところ、取り締まる法律がありません。
逆に言うと合法ではないのですが、違法でもないというとグレーゾーンが、今の実態です。
そんなことから、オンラインカジノを楽しめる今だからこそ、臨場感のあるゲームでひと稼ぎしてみてはいかがでしょうか?

エコペイズに登録する際の注意

エコペイズの残高には上限がある

あまり気にしなくても良い点ですが、エコペイズには残高上限が用意されているので注意してください。残高が上限に達してしまうと、それ以上入金出来ないままとなります。そうなってしまうと一旦出金しない限り入金することができません。特にオンラインカジノからジャックポットを得た場合等に、全部引き出せない問題が発生する事ともあります。

グレードによって違いがある

シルバーの場合、上限は16000ドルくらいに設定されています。ジャックポットを得ている場合、この上限では対応することは出来ません。つまりエコペイズに出したいと思っているなら、数回に分けて出す必要があります。エコカードで何度もお金を出して、その度にオンラインカジノから出金手続きをしますが、オンラインカジノ側も制限を加えているわけですから、うまく出せないままになります。
これをゴールドアカウントに変化させていると、5万ドルくらいは入れることができます。ドルの金額がかなり大きくなりますから、ゴールドにしておけばジャックポットにもある程度対応できるでしょう。VIPクラスまで行けば、10万ドル近くまで入れることが可能になります。これなら余裕を持ってお金を入れることができます。

残高の上限に達すると問題も出てくる

上限まで残しておけばいいと思われていますが、達してしまうと問題が起こりやすくなり、どんどん厳しい部分が生まれます。特に気をつけたいのが、上限に達したことで出金できなくなり、オンラインカジノから出すことが難しい傾向です。出したいと思っているタイミングで出せないままとなり、そのうちオンラインカジノも出金トラブルが起こっていると判断し、結果的に出金を止められてしまう可能性があります。
上限まで行ってしまったら、アップグレードを行う、もしくは出金するようにしてください。エコカードを持っている人は、上限に達する直前で出すようにして、大量のお金をエコペイズから出してしまいます。出している金額がある程度多くなれば、問題なくオンラインカジノから出せます。

VIPまでアップグレードをするのは難しい

最大までアップグレードを行っていれば大丈夫ですが、VIPは条件が厳しくなってしまう。そもそも達成することが難しいと判断できるので、できることならそれ以外のグレードまで上昇させておき、上限を増やしてください。エコペイズの上限を増やすためには、自分が色々な方法で手続きをする必要があるのです。

エコペイズの書類アップロード先を間違えないように

オンラインカジノで入出金を用意にしたいなら、エコペイズを使いたいものです。でもエコペイズに対応しているオンラインカジノで使う場合でも、エコカードを使えるアカウントにしたいものです。シルバーまで上げておけば、エコカードを使ってATM出金も可能になります。使える範囲が広がることも考えると、できることならアップグレードは行ってください。

運転免許証などをアップするページがある

実はエコペイズでは、2つの確認を取ることでしっかりとアカウントをチェックしています。アカウントの情報と、提出されている書類が間違っているとアップグレードは実施されません。オンラインカジノで使う場合、特にジャックポットを大量に出しているベラジョンカジノのようなサイトで使うなら、どんどんアップグレードを行ってください。
アップロードするページが用意されているので、そこで運転免許証を出すことになります。ただ免許証だけ出せば終わりではなく、公共料金の領収書を出さないと終わりません。2つの書類をアップロードしない限り、対応しない仕組みとなっていますので、このチェックを間違えないようにしてください。

出す書類に間違いがあるとアカウント凍結も

書類に間違いがある場合、アップグレードは実施されません。更に悪質な違反と判断される書類の場合、凍結される可能性もあります。オンラインカジノを利用する前にアップグレードするケースが多いので、基本的には先にアップグレードを行ったほうがいいものの、後からアップグレードを実施している方もいます。
もし後から行ってしまうと、場合によってはアカウント凍結によってお金を出せなくなります。せっかく出せるお金だったのに、出せなくなるのは危険です。アップロードする書類の間違いが無いように、特に名前の部分が違う場合は注意してください。

書類と登録名を間違えないようにしたい

いちばん大事なのは、アップロードする書類と登録名が間違っており、アカウントを凍結してもいいと判断されないように心がけることです。普段から別の名前を利用している人は注意した方がいいですし、違った名前を使っていたことで、ついエコペイズに間違えた情報を入れていることも多いのです。
間違えてしまった場合、責任は自分で取らなければならないのです。オンラインカジノで持っていたお金が出せなくなり、エコペイズ以外の方法を使わないと出せなくなると、それはかなり大変でしょう。